FANDOM


Tab-canon-black-ja  Tab-legends-white-ja 

ベリル・シフォネージュ[1](Beryl Chiffonage)は人間の男性で、銀河内戦時の共和国再建のための同盟司令官のひとり。銀河帝国が使う戦術に関し、詳細な知識を持っていた軍事戦略家だった。シフォネージュは同盟軍保安機動部隊の一員として、同盟軍最高司令部同盟情報部のために働いていた。同盟軍の将軍ジャン・ドドンナカーリスト・ライカンの指揮の下、シフォネージュは惑星ダントゥイン基地ホスエコー基地をはじめとする反乱軍基地の攻撃および防護策に工夫を施した。

シフォネージュは、地上と空中戦におけるさまざまな軍事シナリオについて、戦術の天才児リジーヴ・クレダルの訓練を手助けした。彼とクレダルはルーク・スカイウォーカーと協力し、エコー基地の防護策の一環として、対全地形対応装甲トランスポートのためのT-47エアスピーダー中隊用戦術をいくつか考案した。しかし、やがてクレダルは同盟軍から姿を消してしまい、最高司令部や情報部はクレダルが寝返ったのだと判断する。ローグ・ドクトリンとして知られるシフォネージュによる改革のひとつに、攻撃パターン・デルタがある。これは、ケーブル付きの銛をエアスピーダーから発射し、帝国のウォーカー兵器の脚をもつれさせて、転倒させる戦術だった。

ホスの戦いで、スカイウォーカーとローグ中隊はAT-ATウォーカーに対してシフォネージュが編み出した戦術を使用し、実際にウォーカー破壊に成功している。一方、シフォネージュはホスからの脱出を試みたが、帝国に捕らえられてしまった。彼の脱出船は帝国税関で引き止められてしまったのである。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ・ユニバース』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki