FANDOM


ベネイ(Bene)はフォース感応能力を持つ人間女性で、銀河共和国時代の晩年にジェダイ・オーダーに仕えたパダワンである。クローン戦争が終わりに近づいていた頃、ベネイは惑星コルサントジェダイ・テンプルシス卿ダース・ヴェイダー殺害された。

経歴

CinDrallig

ヴェイダーと戦うベネイ

人間女性、ベネイは銀河共和国時代の末期にジェダイ・オーダーに加わり、パダワンとして訓練を積んだ。共和国と独立星系連合が繰り広げていたクローン戦争が終わりに近づいていた頃、ベネイはジェダイの本部である惑星コルサントジェダイ・テンプルに滞在していた。戦争終結時、共和国のシーヴ・パルパティーン最高議長によってオーダー66が発令され、ジェダイは国家の反逆者として処刑対象になった。フォースのダークサイドに転向したアナキン・スカイウォーカーシス卿ダース・ヴェイダー”としてクローン・トルーパーを指揮し、テンプルを攻撃した際、ベネイはウイー・マルロージェダイ・マスターシン・ドローリグらとともに襲撃者に立ち向かった。しかし彼女たちはライトセーバー対決シスに破れ、命を落とした。襲撃が終わった後、スカイウォーカーの師匠であるオビ=ワン・ケノービがテンプルを訪れ、保安記録に残されていたベネイたちの最期の戦いを目撃した。[1]

個性と特徴

ベネイは人間の女性で、茶を持ち、肌は白かった。彼女は生まれながらにフォース感応能力を備え、その素質を見込まれてジェダイ・オーダーに加わり、パダワンとして訓練を積むことになった。ジェダイ・テンプルがダース・ヴェイダーとクローン・トルーパーによる襲撃を受けた際、ベネイもジェダイとして防衛戦に参加した。また、彼女は青いブレードのライトセーバーを使用した。[1]

制作の舞台裏

Bene saber

ベネイ

ベネイは2005年に公開された映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するキャラクターである。プリクエル・トリロジーのプロデューサーを務めたリック・マッカラムの娘、マウシー・マッカラムがこのキャラクターを演じた。

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版