FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

ベネイ[1](Bene)は人間女性で、銀河共和国末期にパダワンとしてジェダイ・オーダーに仕えた。クローン戦争中、彼女は共和国グランド・アーミー指揮官でもあった。

経歴

CinDrallig

ダース・ヴェイダーに倒されるベネイ

フォース=センシティブ人間女性、ベネイは、ジェダイ・オーダーにその才能を見いだされ、ジェダイになるために惑星コルサントジェダイ・テンプルフォース訓練を積んだ。銀河共和国独立星系連合の間にクローン戦争が始まった頃、あるジェダイ・マスターパダワンに選ばれたベネイは、いブレードのライトセーバーを組み立てた。また、彼女は開戦に伴い共和国グランド・アーミージェダイ・コマンダーになった。

クローン戦争が終結に向かっていた共和国の最後の数、ベネイはジェダイ・テンプルに滞在していた。銀河元老院最高議長パルパティーンによってオーダー66が発令され、ダース・ヴェイダー第501軍団を率いてテンプルを襲撃したとき、ベネイは千の泉の間ソードマスターシン・ドローリグの指導のもと、仲間のパダワンであるウイー・マルローとともに剣術の訓練を行っている最中だった。

ダース・ヴェイダーはドローリグとライトセーバーを使って片手のみで戦い、もう一方の手でベネイの首を絞めた。窒息したベネイは、ドローリグを援護することもできないまますぐに命を落とす。ドローリグもその直後にヴェイダーによって殺された。彼女たちのはジェダイ・テンプルの保安ホロカムによって記録される。その後、この記録映像はテンプルを訪れたジェダイ・マスターヨーダオビ=ワン・ケノービが目にすることになる。

数十年後、シスが敗北しジェダイ・オーダーが再建された後、マスター・ルーク・スカイウォーカーもまた、アストロメク・ドロイドR2-D2のメモリー・バンクに残されていたテンプル陥落時のホロレコードを目にした。

制作の舞台裏

Bene saber

ベネイ

ベネイを演じたのはスター・ウォーズのプロデューサーであるリック・マッカラムの娘、モーシー・マッカラムである。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki