FANDOM


類似した名称の記事はベックを参照

ベック・ラワイズ(Bec Lawise)はシニティーン男性で、クローン戦争期に独立星系連合分離主義元老院議長を務めた政治家である。国家主席ドゥークー伯爵の支持者だったラワイズは、惑星ラクサス元老院ビルで開かれる会議において、ドゥークーと並んで進行役を務めた。21 BBYオンダロン代表のミーナ・ボンテリ議員が銀河共和国との和平交渉案を提案したときもラワイズは会議に参加していた。ボンテリはのちにドゥークーの陰謀で暗殺され、交渉案も一度は放棄される。しかし20 BBYには中立惑星マンダロアで和平会談が実現し、ラワイズは分離主義者の3人の代表の1人として共和国の議員と対面した。会議の途中、ボンテリ議員の息子ラックスが話し合いの場に押し入り、母親を暗殺したドゥークーを公然と非難したため、ラワイズはセキュリティ・ドロイドに命じて彼を逮捕させた。

登場エピソード

独立星系連合
指導者 ダース・シディアス - ドゥークー伯爵国家主席) - グリーヴァス将軍ドロイド軍最高司令官
分離主義評議会 ヴァイスロイヌート・ガンレイ - ルーン・ハーコ - ポグル・ザ・レッサー大公 - エマーワット・タンバー監督者 - サン・ヒル会長 - パッセル・アージェンテ監督官 - シュ・マーイ会頭 - ポ・ヌードー - ティッケス元老院議員
分離主義元老院 ヴォー・アテル - バイ・ブラス - ミーナ・ボンテリ - アミータ・フォンティ - カーチ・クシ - ベック・ラワイズ - パン・リンバウド
主な参加勢力 トレード・フェデレーション - テクノ・ユニオン - バクトイド・アーマー・ワークショップ社 - インターギャラクティック銀行グループ - コマース・ギルド - コーポレート・アライアンス - クオレン孤立主義同盟 - リテイル・コーカス
関連用語 シャドウフィード - 分離主義危機
連合軍
組織 分離主義勢力ドロイド軍 - 分離主義勢力宇宙軍 - アンバラン民兵 - オンダロン近衛兵
バトル・ドロイド B1型ロケット - グラップル - ファイアファイター) - B2型B2-HA - B2-RP - ロケット・トルーパー - グラップル) - OOM型コマンド - セキュリティ - パイロット) - ドロイデカシャープシューター) - アクア・ドロイド - オクトゥプタラ・ドロイド - クラブ・ドロイド - デモリッション・ドロイド - ドロイド・コマンドー - ドワーフ・スパイダー・ドロイド - ドロイド・ガンシップ - バズ・ドロイド - ヘイルファイア級ドロイド・タンク - ホーミング・スパイダー・ドロイド - マグナガード - LR-57 - SD-K4
ビークル AAT - DDT - スーパー・タンク - MTT - NR-N99 - STAP - プロヴィデンス級 - ミュニファスント級 - レキューザント級 - ルクレハルク級 - サブジュゲーター級 - ハードセル級 - プンウォーカ116級 - トライデント級 - シーシピード級 - C-9979着陸船 - DH全能支援船 - ドロイド・トライ=ファイター - ナンテックス級 - ヴァルチャー・ファイター - ハイエナ級ボマー - ベルブラブ22 - ローグ級スターファイター
[テンプレート]
他言語版