Fandom

Wookieepedia

ベスピン

9,032このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「ベスピンだ。ちょっと遠いが行けるだろう」
ハン・ソロ[出典]

ベスピン(Bespin)はアウター・リム・テリトリーアノート宙域に属した大型のガス巨星である。ベスピンは複数の衛星を持ち、惑星のガス層の中には、居住に適した大気層もあった。ベスピンのガス層は貴重なティバナ・ガスの源で、複数の採鉱施設でガスの収集や製錬が行われていた。クラウド・シティもそうした施設のひとつで、雲の中に浮かぶ巨大なメトロポリスだった。銀河内戦中、ベスピンは中立を保っていたが、銀河帝国は強制的にクラウド・シティへ駐屯部隊を派遣した。しかし、帝国がエンドア敗北した後、このガス巨星と採鉱コロニーは自由を勝ち取ることに成功した。

特徴

概要

「鉱山植民地なの?」
「ああ、ティバナ・ガス鉱だ」
レイア・オーガナハン・ソロ[出典]
Cloud City.png

ベスピンのクラウド・シティ

ベスピンはアウター・リム・テリトリーアノート宙域ベスピン星系に属したガス巨星[1]、2つの衛星を持っていた。惑星の直径は11万8000キロメートル、自転周期は12標準時間、公転周期は5,110で、同星系内に2つの姉妹惑星があったが、ヴェルサーズ・リングと呼ばれる小惑星帯によって隔てられていた。ベスピンには陸塊が無かったが、ガス巨星としては珍しく、幅広い生態系に恵まれていた。[2] ベスピンは銀河系コア・ワールドから4万9100光年離れた辺境の星で[3]、ほとんど人が来ない辺境の宙域に属していたため、基本的に銀河社会の情勢から孤立していた。[5] ベスピンのコアは有毒だったが、大気圏高層には「ライフ・ゾーン」と呼ばれる呼吸可能な領域があり、クラウド・シティをはじめとする浮遊都市が存在した。ベスピンはティバナ・ガスの採鉱コロニーとして発展し、クラウド・シティは贅沢な観光地として人気を集めた。[1]

生態系

ベスピンはガス惑星としては珍しく多くの生命体が存在し、夜空は発光生体によって星が瞬いているように見えた。ベスピンの大気圏内には藻類の樹木(アルガル・ツリー)が浮遊していた。まるで空に浮かぶマットのように見える藻類の森は、茎を下方に伸ばして栄養素を収集し、ベスピンのライフ・ゾーン(生物圏)のほとんどの酸素をつくり出していた。また、アルガル・ツリーは無数の生き物の住みかと食べ物の供給源になっていた。[1]

ベスピンの主産物であるティバナ・ガスは、超巨大生物ベルドンによって生成された。全長0.8から10キロメートルにも及ぶベルドンは、大気圏の低層を群れを成して移動した。彼らの体は巨大なガス袋でできており、長い巻きひげで待機中のプランクトンや化学物質を集め、新陳代謝によってティバナ・ガスを排出した。ベルドンは捕食動物ヴェルカークラブ・グライダーの食料になった。また、ロークという名の捕食動物は群生生物のエア・シュリンプを襲った。惑星オルデランから持ち込まれたスランタは、スリルを好む勇者たちの乗り物として飼いならされた。[1] 以下、ベスピンに生息した動物の一覧:

Beldons SWGA.jpg

ティバナを生成するベルドン

住民

ベスピンの住民は主に人間アグノート種族から成り、定住人口は600万人だった。知的生物の生活環境になっていた大気最上層の「ライフ・ゾーン」には適度な酸素が含まれ、気圧、気温、重力も通常の人間の環境と非常に近かった。そのため、ライフ・ゾーンではエアロックなどの生命補助システムが必要とされなかった。[3]

歴史

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki