FANDOM


ベスティンIV[1](Bestine IV)はインナー・リム・テリトリーに位置し、コレリアン・トレード・スパインの近くにある海洋の惑星。惑星のほとんどの表面は広大な海洋によって覆われていたが、多くの起伏の激しい島々が惑星中に散乱していた。

惑星のもともとの住民たちは長年の間、島の楽園を作るためにアイランド・スピアーズで奮闘していた。この惑星は小さいことで広く知られていたが、艦船修理業者や建設業者が発達してくると、この惑星は銀河帝国の興味を引くことになる。帝国はベスティンに大きな海軍の艦船工場を設立した。

惑星タトゥイーンの首都ベスティンはこの惑星の後に、墜落した<ダワジャー・クイーン>の生き残りたちによって命名されたものである。また、タトゥイーンにおけるいくつかの地名がベスティンIVの地理に基づいて名づけられている。例えば、タトゥイーンのフォート・タスケンもベスティンIVの島タスケンから名づけられたものである。ベスティンIVはジェック・ポーキンスの故郷でもある。

歴史

初期の惑星ベスティンIVへの植民地化の試みには問題が多かった。当初キアンサーによって一連の植民地化への試みもなされたが、278 BBYから211 BBYまでにはそれも破棄されている。最終的に、170 BBYハキグたちの自治体が首尾よく惑星へと住み着いた。

クローン戦争中、この惑星は独立星系連合の一員になった。あるときには銀河共和国によってベスティンIVに艦隊が送られ、ジェダイ・マスターキット・フィストーヴァセックグリーヴァス将軍を捕らえるために、ここから援軍を要請した。

3 BBY、惑星の住民たちは銀河帝国の造船施設の工事のために、強制退去させられてしまった。この帝国の計画は海軍造船所による大規模なものだったが、奇妙なことに軌道上にではなく海洋上に造船所は建築された。強制退去させられた住民たちには「新しいエキサイティングな家」が約束されていたはずだったが、結局この約束は守られず、住民の大部分は他の星系に移り住むことになった。また、多くはベスティンで反乱同盟軍に加わるか支援をしており、決してうまくはいかなかったが、ジャガーハードと言う暗号名を名づけられた帝国の造船所に 妨害行為を行っていた。この造船所はアクラメイター級スター・デストロイヤーを製造しているかのように思われていたが、実際は一人乗りの攻撃潜水艦、TIE魚雷の研究・開発を行っていた。

同盟軍が初代デス・スターの調査を行いベスティンIVの軌道にいたとき、モン・カラマリ・スター・クルーザーディファイアンス>は帝国のスター・デストロイヤー<イモータル>によって襲撃を受けた。帝国はTIE/saボマーの中隊を送り出したが、反乱同盟軍のパイロットハイパースペースに逃げ込むまで持ちこたえることが出来た。

のちに、惑星は新共和国に加盟した。このときジャガーハードの施設は撤退する帝国勢力が既に排除した後だった。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。