Fandom

Wookieepedia

ベイル・オーガナ

9,726このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「小さな善い行いが、銀河を希望で満たす」
―ベイル・オーガナ[出典]

ベイル・オーガナ(Bail Organa)は惑星オルデラン出身の人間男性で、銀河共和国衰退期および帝国時代政治家である。ブレハ・オーガナ女王の夫(王配)だったベイルは、オルデランのヴァイスロイ主席議長元老院議員を務め、銀河帝国の時代には反乱者のネットワークを導き、盟友モン・モスマらとともに共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)の創始者となった。

共和国が分離主義運動クローン戦争の脅威に直面した時代、オーガナ議員は銀河元老院ロイヤリスト・コミッティーのメンバーとして活動した。当初、彼らは共和国とその指導者であるシーヴ・パルパティーン最高議長を支持していたが、戦争を利用して強大な権力を手に入れた議長に不信感を募らせた。彼らの懸念は的中し、パルパティーン議長は戦争終結時にジェダイ・オーダー壊滅させ、共和国を銀河帝国へと再編成し、自らその銀河皇帝の座に就いた。オーガナ議員はオーダー66を生き延びたジェダイ・マスターヨーダオビ=ワン・ケノービの逃亡に力を貸し、友人であるパドメ・アミダラ議員とジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの間に生まれた娘、レイアを養女として引き取った。

ベイルはシスの暗黒卿ダース・ヴェイダーの正体がダークサイドに堕ちたアナキンであることを知っていたが、仲間たちはおろか、レイアにもそのことを秘密にしていた。帝国時代、オーガナ議員は元ジェダイ・パダワンアソーカ・タノらと協力して反乱分子のネットワークを陰から支援した。彼らはやがて反乱同盟軍へ生まれ変わり、養父の足跡をたどって帝国元老院の議員になったレイア・オーガナも密かに反乱運動を支援した。0 BBY、ベイルと反乱軍の指導者たちはヤヴィン4グレート・テンプル基地に集まり、帝国の新しい超兵器デス・スターの脅威について話し合った。ベイルはレイアにオビ=ワン・ケノービを見つけ出す任務を与えた後、故郷オルデランへ戻る。しかし、帝国は完成したばかりのデス・スターでオルデランを攻撃し、ベイルを含む全住民をスーパーレーザーの一撃で葬り去った。

ベイルの死の直後、レイアはデス・スター設計図をヤヴィン4へ届け、超兵器の破壊に貢献する。それから数年後には反乱軍が銀河内戦に勝利し、新共和国が誕生した。銀河国家に再び分裂の危機が訪れた28 ABY、ベイルが義娘に宛てた遺言のメッセージが再発見されたが、不運にも本人ではなく政敵の手に渡ってしまい、レイアがヴェイダーの娘であることが世間に知られてしまった。この事件で政治的に失脚したレイアは、新共和国を離れ、自らの手で新たなる脅威に立ち向かうべくレジスタンスを組織する。

経歴

オルデランの議員

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

クローン戦争

ライロス補給線

「議員、あんたがやってるのは危険なゲームだ。この次は身を滅ぼすことになる」
―オーガナに対し、ロット・ドッド[出典]
BailOrganaTCW1-SWE.jpg

クローン戦争当時のオーガナ

トワイレックの故郷ライロスが分離主義勢力のドロイド軍に侵略された時、ジェダイ最高評議会はオーガナに連絡を取り、トイダリアカトゥーンコ大王との交渉任務を依頼した。共和国はトワイレックの民に援助物資を届けるため、中立惑星であるトイダリアを補給用の拠点として使いたいと考えていたのである。多忙なアミダラ議員の代役としてグンガンジャー・ジャー・ビンクス下級代議員が交渉人に選ばれたが、評議会はビンクスだけでは心細いと考え、オーガナに白羽の矢が立ったのだった。オーガナはブロッケード・ランナータンティヴIV>でトイダリアへ赴き、カトゥーンコ大王と謁見した。一方、共和国の思惑に気付いたドゥークー伯爵はトレード・フェデレーション代表のロット・ドッド議員をトイダリアに派遣した。ドッドとフェデレーションは表向きには共和国への忠誠を表明していたが、分離主義勢力のライロス侵攻を支援するため、オーガナとビンクスの交渉任務を妨害しようとした。

オーガナはライロスへの援助はあくまで人道的支援だと説明し、中立惑星のトイダリアが関与しても何ら問題はないと主張した。しかしドッドはライロスが分離主義勢力に封鎖されていることを指摘し、援助は必然的に軍事的支援と見なされると反論した。彼はもしトイダリアが分離主義者の標的になった場合、トレード・フェデレーションはトイダリアンとの交易を打ち切らざるを得ないと告げた。カトゥーンコは閣僚と話し合い、ライロスへの支援は行わないと宣言した。しかし大王は密かにオーガナと接触し、ドッドたちに気付かれないようにすれば、トイダリアから補給船を発進させてよいと告げた。オーガナはカトゥーンコの配慮に感謝し、ドッドの注意を逸らすため晩餐会を催した。ビンクスが隠し芸で出席者の注目を集めている隙に、補給船は全てトイダリアから飛び立った。その後、ドッドはオーガナのしたことに感づいて腹を立てたが、協定違反の証拠を見つけることは出来なかった。一方、カトゥーンコは今回の事件をきっかけに中立を見直すべきかもしれないと考え直し、共和国と交渉する意向をオーガナに明かした。

終結直前

Sithdelscener1pic2.jpg

似た考えの議員と話すオーガナ

コルサントの戦い以降、オーガナはシャンドリラモン・モスマナブーパドメ・アミダラといった元老院議員らと話し合いを行った。彼らはシーヴ・パルパティーンの権力が増大していることについて話し合い、さらにパルパティーンが元老院を解散させようともしている可能性があることを示唆した。そして彼らは、戦わずに元老院を残す方法を探すことを決め、オーガナもそれに同意した。彼らは2000人の議員と言うグループを形成し、2000人の請願書を作成した。

帝国時代

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

後世への影響

Breha and Bail statues.png

オーガナ夫妻の像

オルデランが破壊された直後、レイアはオビ=ワン・ケノービルーク・スカイウォーカーハン・ソロチューバッカ、R2-D2、C-3POらによってデス・スターから救い出され、R2に預けておいた設計図をヤヴィン4の秘密基地へ届けた。設計図を解析してデス・スターの致命的な欠陥を突き止めた反乱軍は、ヤヴィンの戦いに勝利し、惑星破壊バトル・ステーションの脅威に終止符を打った。オルデランが破壊された後、ベイルとブレハ・オーガナの名誉を称える像がヤヴィン基地の内部に建てられた。かつてブレハ女王から教育を受けたこともあるオルデラン出身の反乱軍パイロットエヴァーン・ヴァーレーンは、ヤヴィンの戦いの勝利を祝う式典が終わった後、オーガナ夫妻の像の前で足を止め、故郷に思いを馳せた(その後ヴァーレーンはレイアとともにオルデラニアンの難民グループを救出し、母星の破壊を生き延びた仲間たちのリーダーになった)。ベイルの死から数年後、反乱同盟軍はエンドアの戦いに勝利して帝国を崩壊へ追い込み、新共和国を樹立する。レイアは義父の後を継ぎ、新政府の銀河元老院で議員となった。

新共和国の時代、ベイル・オーガナは共和国再建に尽くした殉死者として派閥を問わず尊敬を集めていた。優れたリーダーシップと統率力を備えていたベイルは、帝国崩壊後の政治哲学に大きな影響を与えていた。惑星ホズニアン・プライムリパブリック・シティに設けられた元老院施設には、ジェルキャニ・フォグストーンを用いた高さ70メートルのベイル・オーガナ像が建てられる。28 ABYナプキン爆破テロでこの像の手の部分が破損した。

爆破事件の直後、ベイルがレイアのために遺したミュージック・ボックスが、アケニスの代表議員であるレディ・キャリス・シンディアンによって発見された。この装置はレイアがバイレン総督に就任すると同時に受け継がれる予定だったが、彼女が父親の遺産のことなど知らずに就任を辞退したため、代わりに総督となったシンディアンの手に渡ったのである。ミュージック・ボックスの中には、オルデランの歌である『ミラーブライト』と、レイアの出自の真相について語るベイルの肉声が記録されていた。ファースト・オーダーの内通者だったシンディアンは、ベイルのメッセージを利用して政敵を蹴落とそうと画策する。彼女はレイアの盟友であるランソーム・カスタルフォ議員を焚き付け、元老院でメッセージを再生させた。ダース・ヴェイダーの娘だったことが世間に知られたレイアは政治的に失脚し、当時行われていた主席議員選挙から身を引くことになる。この件で新共和国に愛想をつかしたレイアは、政界を離れ、忠実な支持者を集めてレジスタンスを組織した。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki