FANDOM


「フォースが守ってくれた」
「守ったのは俺だ」
チアルート・イムウェとベイズ・マルバス[出典]

ベイズ・マルバス(Baze Malbus)は衛星ジェダ出身の人間男性で、銀河帝国との戦いに参加した元ウィルズの守護者である。帝国による母星の占領という厳しい現実に直面し、守護者としての立ち振る舞いや戒律を忘れてしまったベイズにとって、親友であるチアルート・イムウェの存在が道徳観念を支える柱となっていた。0 BBY、ベイズとチアルートは反乱同盟軍ローグ・ワン分隊の一員としてスカリフの戦いに参加し、デス・スター設計図の奪取に貢献する。

53 BBYに生まれたベイズは、友人のチアルートとともに“ウィルズの寺院”の守護者となった。しかし、彼らの故郷はカイバー・クリスタルを狙う銀河帝国によって荒らし尽くされ、神聖な寺院も破壊されてしまう。冷笑的な性格に歪められたベイズは、守護者としての生き方を捨て、違法な連射式ブラスターを手に帝国への復讐心を燃やしたが、温厚なチアルートとの友情が崩れることはなかった。0 BBY、同盟情報部の工作員キャシアン・アンドー、彼のドロイドK-2SO、帝国の科学者の娘ジン・アーソ、帝国から離反した貨物パイロットボーディー・ルックと出会ったベイズたちは、幸運にもデス・スターによるジェダ・シティの破壊を生き延び、この超兵器の設計図をめぐる戦いに参加することになった。

ジェダから脱出した後、ベイズたちはジンの父親であるゲイレン・アーソを見つけるため惑星イードゥー帝国カイバー精製所に潜入したが、ゲイレンは反乱軍の奇襲に巻き込まれて命を落としてしまった。モン・モスマ議長率いる同盟評議会は、超兵器完成の報せを聞いて抵抗を諦めたが、ベイズやチアルート、一部の反乱軍兵士はゲイレンが遺したメッセージに希望を託し、ジンの提案した危険な作戦に自ら志願した。彼らはローグ・ワンというコールサインを名乗ってヤヴィン4ベース・ワン基地から出発し、設計図が保管されている惑星スカリフへ赴く。ジン、キャシアン、K-2SOがシタデル・タワーの情報保管室に潜入するあいだ、ベイズたちは敵の注意をひくため施設周辺の沿岸地帯で陽動作戦を展開した。彼らは与えられた役割を果たしたが、圧倒的戦力を前に次々と味方を失っていき、ついにはチアルートもベイズに見守られながら息を引き取った。友人のためにフォースのマントラを唱えた後、ベイズはデス・トルーパーとの最後の戦いに臨み、グレネードの爆発で命を落とした。

制作の舞台裏

ベイズ・マルバスは2016年公開のアンソロジー・シリーズ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に登場するキャラクターである。俳優はチアン・ウェン

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。