FANDOM


「自分のためだけに戦う人生なんて、なんの価値もない」
―ヘラ・シンドゥーラ[出典]

ヘラ・シンドゥーラ(Hera Syndulla)は惑星ライロス出身のトワイレック女性で、銀河帝国の圧政に抵抗した反乱者である。トワイレック・レジスタンスライロス解放運動を率いたチャム・シンドゥーラの娘。ヘラ・シンドゥーラは熟練したパイロットで、VCX-100軽貨物船ゴースト>の船長だった。クローン戦争終結から8後、帝国の活動を調査していたシンドゥーラは、惑星ゴースケイナン・ジャラスという名の人間と出会った。彼は現地の採鉱企業で働く貨物船パイロットだったが、その正体はオーダー66を生き延びたジェダイパダワンだった。ザルーナ・マイダースケリーと協力して帝国のデネトリアス・ヴィディアン伯爵の企みを挫いた後、シンドゥーラはジャラスと行動を共にするようになった。

やがて<ゴースト>にはラサットガラゼブ・オレリオスマンダロリアンの少女サビーヌ・レンアストロメク・ドロイドチョッパーが仲間として加わった。ゴース紛争のおよそ6年後、<ゴースト>の乗組員たちはアウター・リム・テリトリーの惑星ロザルを中心に反乱活動を展開していた。この頃、彼女たちはエズラ・ブリッジャーという名のストリート・キッドと出会い、彼を新しい仲間に加えた。シンドゥーラたちの活動は、やがて帝国保安局エージェントアレクサンドル・カラス大尋問官シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーらの注意を引くことになった。彼女たちはベイル・オーガナアソーカ・タノが率いる大規模な反乱ネットワークの一員として、帝国に対して組織的な抵抗を開始した。

経歴

生い立ち

「自由が欲しければ、難しい決断も必要よ。私は家族と離れ、空を飛ぶことを選んだ。飛ぶことで困っている人たちを助ける道を選んだの。でも、根っこにあるのはただ飛んでいたいって事なのよ。だって自分の周りで爆発が続いたって、最悪の事態に陥ったって、空にいれば最高なんだもの」
―ヘラ・シンドゥーラ[出典]

ヘラ・シンドゥーラは銀河共和国末期に惑星ライロスに生まれた。クローン戦争当時、ヘラはまだ幼い少女だった。分離主義勢力ドロイド軍がライロスを占領した際、ヘラの父チャム・シンドゥーラは自由の戦士としてトワイレックの抵抗軍を率い、ヘラは母親と共に地下に身を隠した。クローン・トルーパーが救援のためライロスにやって来た時、ヘラは空を飛ぶ共和国グランド・アーミー宇宙船を見上げ、パイロットになることを決意した。彼女は飛ぶことで困っている人たちを助けるため、家族と故郷を捨てた。

また、ヘラは幼い頃にパーギルと呼ばれる巨大な宇宙浮遊クリーチャーの物語を聞かされた。パーギルは生まれながらにしてハイパースペース航行能力を持ち、人びとにハイパードライブ開発のインスピレーションを与えた生き物だった。しかしヘラは歳を取るにつれ、パーギルはハイパースペース航行を危険にさらす脅威的存在だと考えるようになった。パイロットとして活動していた頃、ヘラはパーギルとの衝突で友人をひとり失ったことがあった。

クローン戦争中、ヘラはC1-10P(通称チョッパー)という古いC1シリーズアストロメク・ドロイドを手に入れた。分離主義勢力が敗北した後、銀河共和国に代わって誕生した銀河帝国は、ライロスの占領を解かなかった。その結果、チャム・シンドゥーラ率いるトワイレック・レジスタンスは帝国を相手に解放運動を続けることになった。チャムは自身の家族よりもライロスの解放を重要視し、ヘラの母は帝国との戦いで命を落とした。この出来事はシンドゥーラ父娘の間に軋轢を生んだ。ヘラは自分に見向きもしないチャムに腹を立て、チャムは娘がチョッパー(彼の眼には「二流のジャンク品」と映った)に熱中し始めたことに動揺した。ヘラがトワイレックの抵抗運動ではなくより広域な反帝国運動を選んだことで、ふたりの関係はさらに悪化した。

帝国時代

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。