FANDOM


ヘスパー=イングーザ(Hesper-Inguza)はラナイ男性で、惑星オク=トーに住んでいたビジターである。ヘスパー=イングーザは魚の解体師で、仲間のビジターとともに生涯のほとんどをで過ごし、月に一度だけ女のケアテイカーたちが住むテンプル・アイランドに戻った。彼は茶色と黄色のローブを身に着け、茶色い帽子をかぶっていた。また、ヘスパー=イングーザはオウパー空気袋バグパイプを所有していた。[1]

制作の舞台裏

ヘスパー=イングーザは2017年12月15日公開の映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のために制作されたキャラクターである。このキャラクターの登場シーンは完成版からカットされたが、映画の設定資料集『スター・ウォーズ 最後のジェダイ ビジュアル・ディクショナリー』(パブロ・ヒダルゴ著)に情報が載っている。

登場エピソード

参考資料

脚注