FANDOM


ヘイヴン級医療ステーション(Haven-class medical station)、別名共和国医療ステーション(Republic medical station)はクローン戦争期に銀河共和国が使用した医療センター機能を備えた宇宙ステーションである。リンデリア星系に位置するカリーダ・ショールズ医療センターはヘイヴン級の医療ステーションだった。クローン戦争終結後、旧共和国が使った医療ステーションの一部は放棄され、そのまま宇宙空間に取り残された。

特徴

Kaliida Shoals

ヴェネター級艦とドッキングする医療ステーション

ヘイヴン級医療ステーションは、中央部分とそれを取り囲む8つの医療ベイによって構成された宇宙ステーションだった。共和国グランド・アーミーペルタ級フリゲートヴェネター級スター・デストロイヤーは医療ステーションとドッキングすることができた。ステーション全体の動力は施設内の司令センターで制御することができた。

歴史

クローン戦争中、ヘイヴン級医療ステーションは銀河共和国クローン・トルーパー医療センターとして活用されていた。カリーダ星雲の近くに配置されたカリーダ・ショールズ医療センターもそのひとつで、戦場で負傷したクローンの兵士たちが運び込まれていた。

ヤヴィンの戦いの4前、銀河帝国に抵抗する反乱軍のメンバー(エズラ・ブリッジャーサビーヌ・レンガラゼブ・オレリオスC1-10P)は、医療物資を手に入れるため放棄されたヘイヴン級医療ステーションの内部を捜索した。彼らは帝国の尋問官フィフス・ブラザーセヴンス・シスターによる襲撃を受けたが、医療物資を確保して逃げ切った。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。