FANDOM


プンウォーカ116級恒星間スループ(Punworcca 116-class interstellar sloop)はフップラ・パサ・ティスク・シップライツ・コレクティブ社が製造したソーラー・セーラーである。セレノー伯爵で、独立星系連合国家主席を務めたドゥークー専用のソーラー・セーラーを所有した。

特徴

フップラ・パサ・ティスク・シップライツ・コレクティブ社製プンウォーカ116級恒星間スループは、格納式の帆を使って収集した無尽蔵な星間エネルギーを燃料として使用するソーラー・セーラーである。卵形の船体はジオノージアン・スターファイターに似ていた。[2] 操縦室にはパイロット2名が乗り込むことができたが、運用はドロイド1体で事足りた。[3]

歴史

クローン戦争以前、独立星系連合の指導者ドゥークー伯爵ジオノーシスの支援者にこの宇宙船の製造を依頼した。ドゥークーのソーラー・セーラーFA-4パイロット・ドロイドによって操縦され、ダース・シディアスと交信するための高セキュリティ・ホロネット・トランシーバーを備えていた。[2]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。