FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

プロ・クーン(Plo Koon)は惑星ドーリン出身のケル・ドア男性で、銀河共和国衰退期のジェダイ・マスターナブーの侵略以前からジェダイ最高評議会のメンバーを務めていた。冷静沈着な性格で、ジェダイ・オーダーで最も賢いマスターのひとりとして尊敬されていたクーンは、惑星シリトグルータの少女アソーカ・タノを見出し、フォース訓練を受けさせるためジェダイ・テンプルへ連れ帰った。クーンはクローン戦争最初の戦闘であるジオノーシスの戦いを生き残り、ジェダイ将軍として共和国グランド・アーミークローン・トルーパーを指揮することになった。彼は各地の戦場でしばしばクローン・コマンダーCC-3636(ウォルフ)と行動を共にした。

大戦の初期、クーンの艦隊はアブレガド星系独立星系連合グリーヴァス将軍が指揮する<マレヴォランス>と戦い、大敗北を喫した。数名の生存者と共に救出された後、クーンはカリーダ星系で反撃に参加し、<マレヴォランス>の脅威に終止符を打った。また、クーンとアソーカ・タノは共和国に対してテロ行為を働いたボバ・フェットを捜索し、惑星フローラムで捕まえた。ローラ・サユーではイーヴン・ピールを救出するために艦隊を指揮し、自らガンシップで地上へ降下した。大戦末期、クーンはケイト・ニモーディアをめぐる戦いでスターファイターに乗り込んだ。クーンが戦いを終えてパトロール飛行を行っていた時、シス卿ダース・シディアスによってオーダー66が発令された。クーンはキャプテンジャイガラーによる奇襲を受け、惑星の都市に墜落して命を落とした。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。