FANDOM


「私はヴィズラ氏族のプレ・ヴィズラだ。銀河に悪名を轟かすギャングから、偉大な街を守るため戻ってきた。これは戦争だ。我らが勝利をもたらす。共に力を合わせ、マンダロアを犯罪者から守るのだ。いま必要なのは平和主義ではなく、行動を起こすことだ!」
―マンダロアの民衆に対し、プレ・ヴィズラ[出典]

プレ・ヴィズラ(Pre Vizsla)は惑星マンダロア出身の人間男性で、クローン戦争中にデス・ウォッチを率いたマンダロリアンサティーン・クライズ女公爵が治める平和主義の新マンダロリアン政府を転覆させるため、ヴィズラは秘密裏にドゥークー伯爵独立星系連合と手を結んでいた。ヴィズラはマンダロアのコンコーディアを統治する総督で、表向きにはクライズへの忠誠を誓っていたが、衛星の鉱山キャンプに築かれた基地からデス・ウォッチの指揮を執っていた。ジェダイ・マスターオビ=ワン・ケノービとクライズが調査のためコンコーディアにやって来た時、デス・ウォッチの存在が暴かれた。ケノービがデス・ウォッチの基地を発見した時、ヴィズラは数名の戦士を率いて姿を現し、自分が過激派を率いるリーダーであることを明かした。短い対決の後、ケノービとクライズはコンコーディアから逃げ去っていった。

ヴィズラはマンダロリアンのタル・メリク元老院議員と共謀し、コルサント銀河元老院へ向かうクライズを捕まえようとしたが、メリクは作戦に失敗して命を落とした。ヴィズラはマンダロアを制圧するためコンコーディアでデス・ウォッチの戦力を整えていたが、共和国とマンダロアを敵対させる陰謀が成功するまで、作戦を実行に移すことができなかった。共和国によるマンダロアへの派兵決議に反対しようとしていたクライズを殺すため、ヴィズラはコルサントにデス・ウォッチの暗殺者を派遣した。彼はこの決議が可決されれば、共和国の侵略軍からマンダロリアンを“解放”する救世主として故郷に戻ることができると考えていたのである。しかし暗殺は失敗に終わり、元老院は共和国軍派兵を却下した。マンダロアの民の支持が無ければ惑星を支配することもできないため、ヴィズラはマンダロア占領計画を先延ばしにすることになった。

その後、ヴィズラと部下たちは深宇宙を漂う脱出ポッドを発見した。ポッドの中には負傷して息絶え絶えのシス卿ダース・モールサヴァージ・オプレス兄弟が乗り込んでいた。ヴィズラはふたりを治療させ、共通の仇敵オビ=ワン・ケノービを倒すため手を取り合うことになった。モールはマンダロア占領に力を貸すことに同意し、ハットパイクブラック・サンを傘下に引き入れて犯罪者の同盟シャドウ・コレクティヴを形成する。コレクティヴはマンダロアの首都サンダーリを攻撃し、デス・ウォッチは犯罪者から惑星の民を護る救世主として故郷に戻った。マンダロリアンの世論を味方に付けたヴィズラはクライズの政府を転覆させ、首相の座と古代マンダロアの称号を手に入れた。彼はシスの兄弟を裏切ったが、モールはヴィズラにマンダロリアンの指導者の地位を賭けた決闘を申し込んだ。激しい決闘の末、ヴィズラはモールに敗れて首を切り落とされた。

経歴

生い立ち

GovernorVizsla-SWE

ヴィズラ総督

人間男性、プレ・ヴィズラはアウター・リム・テリトリー惑星マンダロアに生まれた。[5] ヴィズラは旧共和国時代から続くマンダロリアン戦士の家系に属し、かつて先祖がジェダイ・テンプルから略奪した古代の武器、ダークセーバーを継承していた。[4] 銀河共和国時代の後期にマンダロリアン内戦が終結した後[6]、惑星マンダロアはサティーン・クライズ女公爵が率いる新マンダロリアン政権の支配下に入った。平和主義政策を掲げる新マンダロリアンは伝統的なマンダロリアン戦士文化を廃止し、戦士の生き残りはマンダロアのコンコーディアへ追放された。プレ・ヴィズラは独立した行政区となったコンコーディアの総督を務め[4]、表向きにはクライズ女公爵への忠誠を誓った。[5]

しかし、ヴィズラ総督は戦士文化の復活を求める伝統主義者だった。彼は密かにデス・ウォッチと呼ばれるマンダロリアンの過激グループを指揮し、コンコーディアにある古い鉱山地帯アジトを設け、マンダロリアン・アーマーや武器を製造した。クローン戦争中、ヴィズラはクライズ女公爵からマンダロアの支配権を奪取するため分離主義勢力ドゥークー伯爵と手を結んだ。ドゥークー伯爵の計画に従い、デス・ウォッチはマンダロアの首都サンダーリ[4] マンダロア星系の惑星カレヴァラ[7] テロ行為を開始する。ドゥークーはヴィズラに、破壊行為を繰り返して新マンダロリアン政権の危機対応能力の低さを露呈させれば、マンダロアの民はクライズ女公爵を信用しなくなり、デス・ウォッチが新支配者になるチャンスが生まれるだろうと説明した。[4]

デス・ウォッチの指導者

陰謀の発覚

編集中

ドゥークー暗殺計画

「この傷を見ろ。これはドゥークー伯爵からの餞別だ」
―プレ・ヴィズラ[出典]

クライズ暗殺に失敗した後、ヴィズラとデス・ウォッチはコンコーディアから撤退した。ヴィズラは約束を反故にしたドゥークー伯爵に戦いを挑み、左の頬に傷を負った。デス・ウォッチと分離主義勢力の同盟関係は瓦解し、ヴィズラはドゥークーへの復讐を誓った。その後、デス・ウォッチは雪に覆われた惑星カーラックに新しい野営地を作り、原住民族のミング・ポから女や食べ物を搾取した。この頃、ヴィズラは惑星オンダロンの若き元老院議員ラックス・ボンテリと手を結んだ。ドゥークーに母親のミーナを暗殺された恨みがあるボンテリは、ホログラム通信の発信元を特定するホロトレース装置で伯爵の居場所を突き止め、ヴィズラに取り引きを持ちかけた。彼はデス・ウォッチにドゥークーの位置情報を提供し、復讐を肩代わりしてもらおうと考えていたのである。[8]

VizslaDuelsAhsokaOnCarlac-AFIN

アソーカ・タノとの対決

ボンテリはジェダイ・パダワンアソーカ・タノアストロメク・ドロイドR2-D2を交渉の場に連れて来た。タノはボンテリの婚約者だと嘘をつき、ライトセーバーR2-D2のボディ内部に隠していた。交渉成立後に開かれた饗宴の最中、ミング・ポのパイター族長がヴィズラのもとを訪れ、長きにわたって地元民を苦しめるデス・ウォッチに立ち退きを求めた。ヴィズラは部族の女を返して惑星から立ち去ると約束したが、次の日の朝、パイター族長の目の前で彼の孫娘であるトライラを殺めた。デス・ウォッチの戦士たちはヴィズラの命令に従ってミング・ポの村を焼き討ちにし、罪のない村人を火炎放射器で虐殺した。タノはデス・ウォッチの残虐行為を止めるため正体を現したが、ライトセーバーを持っていなかったため抵抗することができず、戦士たちのウィップコードで拘束された。[8]

ヴィズラはタノを自分自身の手で処刑することに決めた。ボンテリは無意味な殺人を止めようとしたが、ヴィズラはボンテリがドゥークーの死を望んでいるのと同じように、デス・ウォッチもジェダイの死を求めているのだと言い放った。しかし、野営地に駆け付けたR2-D2がタノの窮地を救い、彼女にライトセーバーを返した。ヴィズラは応戦しようとする部下たちを止め、タノと一対一の対決に臨んだ。R2-D2がデス・ウォッチに酷使されていたドロイドたちを率いて混乱を引き起こすと、タノはライトセーバーでヴィズラのジェットパックを切り裂き、爆発に乗じてランドスピーダーに乗り込んだ。ヴィズラは部下のボ=カターン・クライズらに追跡を命じたが、タノ、ボンテリ、R2-D2はGX1短距離運搬船フェニックス>に乗ってカーラックから逃げ去った。[8]

マンダロアの占領

不安定な同盟

「お前と出会えたのは運命かもしれん」
「まさしくフォースの意思だ。マンダロア奪還に力を貸そう」
―プレ・ヴィズラとダース・モール[出典]
UneasyAlliance-Eminence

プレ・ヴィズラとダース・モール

カーラックの事件の後、デス・ウォッチは衛星ザンバーに拠点を移した。コムルク級ファイター/トランスポートフローラム付近を航行していた時、ヴィズラ率いるマンダロリアン部隊はダソミリアンザブラクの兄弟ダース・モールサヴァージ・オプレスが乗る脱出ポッドを発見した。兄弟はフローラムでオビ=ワン・ケノービに敗北して命からがら逃げ延び、救助の当てもないまま酸素の足りないポッドで深宇宙を彷徨っていたのである。ボ=カターン・クライズは2人を始末するかと尋ねたが、モールのライトセーバーを目を付けたヴィズラは、彼らが共通の敵を持つ仲間かもしれないと判断し、船内に運ばせた。

ヴィズラはザンバーのキャンプに兄弟を運び、医療ドロイドに治療を任せた。モールはマザータルジンから与えられた脚を新しい義脚に取り替えられ、オプレスもサイバネティックスの義手を移植された。目を覚ましたモールは、自分たちはシス卿だと名乗った。ヴィズラはモールもデス・ウォッチと同様オビ=ワン・ケノービに恨みがあることを知った。彼はモールにカシウス・ティーを振る舞い、デス・ウォッチがマンダロアから追放された過去と、女公爵への恨みを説明した。会話中、ボ=カターンはケノービに負けたモールを挑発した。するとシス卿はフォースで彼女の首を絞め、警戒するマンダロリアンたちを前に、自分を仲間にすればマンダロアの奪回も夢ではないと語った。モールがボ=カターンを放した後、ヴィズラは仲間たちと相談し、シスの兄弟と同盟を結ぶことに決めた。

同盟が成立した後、ヴィズラはマンダロアへの攻撃を開始すべきだと主張したが、モールは今のデス・ウォッチには十分な戦力が揃っていないと答えた。モールは犯罪組織から成る連合勢力“シャドウ・コレクティヴ”の創設を決意し、ブラック・サンを傘下に引き入れるためヴィズラたちと共に惑星ムスタファーを訪れた。ブラック・サンを率いるファリーンたちはモールの無謀な申し出を笑い飛ばし、訪問者たちを始末しようとした。しかし、オプレスがダブル=ブレード・ライトセーバーを使って指導者たちを一瞬で皆殺しにすると、ブラック・サンの警備隊長を務めるジットン・モジがモールへの忠誠を誓った。

MissiononNalHutta-Eminence

ナル・ハッタにて、モール、オプレス、ヴィズラ

ブラック・サンを味方につけた後、ヴィズラは作戦に必要な戦力は整ったのではないかと意見した。しかしモールにはマンダロア占領以降の計画があり、ヴィズラとの間に意見の不一致が生じた。ヴィズラはモールがまだ軍隊を拡大しようとしていることに苛立ったが、しばらくはおとなしく指示に従った。ザンバーに戻った直後、ロム・パイクが率いるパイクシンジケートが自らモールの同盟への参加を申し出た。

パイクと手を結んだシャドウ・コレクティヴは、次にハット大評議会からの協力を得ようと惑星ナル・ハッタを訪れた。ブラック・サンの時と同様交渉は決裂し、ハットに雇われた賞金稼ぎがヴィズラたちの前に姿を現した。ヴィズラ、モール、オプレスは一度評議室から退却し、ボ=カターンやナイト・アウルと合流した。他の戦士がハットの護衛と戦う間、ヴィズラたちは賞金稼ぎのスギエンボと戦った。ハンターが撤退した後、デス・ウォッチは再び評議室へ押しかけ、逃げ遅れたオルバ・ザ・ハットを捕まえた。他のハットの逃げた先が惑星タトゥイーンであることを聞き出した後、オプレスはオルバを殺害した。

その後、シャドウ・コレクティヴはタトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハットの宮殿に攻め込んだ。小規模な攻撃の末、ヴィズラたちはハットの手下たちを制圧してジャバの謁見室に足を踏み入れた。シャドウ・コレクティヴの力を目の当たりにしたジャバたちは、犯罪同盟に協力することに同意した。いよいよマンダロア攻略への準備が整ったが、ヴィズラはクライズ女公爵を失脚させた後にモールとオプレスを裏切るつもりであることをボ=カターンに明かした。

惑星の救世主

「聞こえるか、公爵? 民の声が。みな変革を叫んでいる」
―プレ・ヴィズラ[出典]
DeathWatchAndSatine-SoR

クライズの前に現れたヴィズラたち

シャドウ・コレクティヴの戦力が完成すると、ヴィズラ、モール、オプレスはブラック・サンやパイクの幹部も交えてマンダロア占領に向けた作戦会議を開いた。マンダロリアンの民衆を味方につけるため、彼らはマンダロアを武力で占領するのではなく、クライズ政権の信用を失墜させることに決めた。作戦に従い、シャドウ・コレクティヴはマンダロアの首都サンダーリでテロ行為を働いた。クライズは犯罪者たちに対して有効な手立てを講じることができず、民衆の不満は高まっていった。

ヴィズラはボ=カターンらを率いてサンダーリの演壇に姿を現し、自分たちがクライズに代わってマンダロアを救うと宣言した。シャドウ・コレクティヴは手筈通り次々とデス・ウォッチに捕えられていった。ヴィズラもサンダーリ銀行で強盗を働いたオプレスたちの前に立ちはだかり、ダークセーバーで対決に臨んだ。オプレスは戦いに負けたふりをして捕えられ、マンダロアの人びとの目にヴィズラとデス・ウォッチは救世主として映った。マンダロリアンの世論を完全に味方に付けたヴィズラは、クライズを逮捕して王立刑務所に収監した。首相の座とマンダロアの称号を手に入れ、当初からの目標を達成して満足したヴィズラは、マンダロアの外に支配圏を広げるつもりは無いとモールに告げた。彼はシスの兄弟を裏切って刑務所に入れたが、オビ=ワン・ケノービに復讐を果たすという約束は守るつもりだと語った。

モールとの決闘

「言ったとおりだ。最も強い者が支配者となる」
―プレ・ヴィズラの最期の言葉[出典]
ThereCanBeOnlyOne-SoR

プレ・ヴィズラの最期

モールはヴィズラの裏切りを予期していた。ヴィズラを殺してマンダロアの支配権を奪うため、モールとオプレスは刑務所内でアルメク元首相を味方に付ける。彼らは刑務所から脱獄してヴィズラのいる宮殿に押し入った。モールはヴィズラに、マンダロアの指導者の座を賭けた一対一の決闘を申し込んだ。戦士ならば決闘を断れるはずがないというモールの予想通り、ヴィズラは申し出を受け入れた。ヴィズラはボ=カターンに命じてモールにライトセーバーを返し、その場で戦いを始めた。

ヴィズラはダークセーバーでモールと切り結び、ジェットパックブラスター・ピストル,、火炎放射器、爆弾も駆使して戦った。戦闘中、ヴィズラは故障したジェットパックを捨て、モールの手首を撃ってライトセーバーを落とさせた。しかしモールは丸腰でヴィズラの攻撃を受け止め、肉弾戦に持ち込んだ。ヴィズラはモールの激しい攻撃の前に屈し、敗北して跪いた。奪われたダークセーバーで首を切り落とされる直前、ヴィズラは自分よりも強いモールを新しい指導者として認めた。

その後

「この剣にかけて宣言する。我こそがデス・ウォッチの正当な指導者だ」
「認めぬ! よそ者などにマンダロアを渡せるものか!」
―ダース・モールとボ=カターン・クライズ[出典]

ヴィズラがダース・モールに殺された後、アルメクがその後を継いでマンダロアの首相に返り咲いた。アルメクはマンダロアの民に、ヴィズラを殺したのはサティーン・クライズ女公爵だと嘘をつき、英雄であるヴィズラのことを忘れてはならないと語った。一方、モールはデス・ウォッチの新しい指導者となり、ダークセーバーを自らの所有物にした。モールに忠実なデス・ウォッチのメンバーはマンダロリアン・スーパー・コマンドーとして知られるようになる。ボ=カターンやナイト・アウルたちはモールをヴィズラの後継者として認めず、スーパー・コマンドーと対立しサンダーリの戦いを引き起こした。

力と能力

PreVizslaBaldy-SWE

ダークセーバーを持つヴィズラ

プレ・ヴィズラは非常に熟練した戦士で、ベテランのジェダイ・マスター、オビ=ワン・ケノービと短いライトセーバー・デュエルを繰り広げても充分渡り合えるほどの戦闘技術を備えていた。ヴィズラは近接戦闘でダークセーバーを使用し、剣技に格闘も交えつつ、ジェットパックを使って高所の利を得ていた。しかし、ヴィズラはフォースを使うケノービを打ち負かすことができず、最後は部下に命じてロケット弾で敵を始末しようとした。

ヴィズラのダークセーバーを使った戦闘技術はのちに向上し、カーラックではアソーカ・タノとの対決を引き分けに持ち込んだ。最終的に、彼はシス卿ダース・モールと戦ってもしばらく持ちこたえる程の腕前になった。ヴィズラはダークセーバーと火炎放射器、ジェットパック、ブラスターや格闘戦を駆使してモールと戦ったが、最後には敗れて命を落とすことになった。

また、ヴィズラはコンコーディアを統治する政治家でもあり、デス・ウォッチを率いる軍事的な指導者でもあった。ヴィズラはしばらくの間デス・ウォッチの存在をクライズ女公爵から隠し通し、部下たちは彼の命令をすみやかに実行に移していた。また、ヴィズラの部下たちは任務のためなら自らの命を犠牲にする覚悟もできており、リパブリック・クルーザーへの破壊工作やサンダーリの爆破テロを実行した。部下にベストを求めるヴィズラは、期待に応えなかった兵士をその場で処刑することもあった。

装備

「このライトセーバーは旧共和国が滅びた際に我が先祖がジェダイ・テンプルから盗んだ物だ。それ以来、多くのジェダイの命をこの刃で奪ってきた。お前もその仲間に加わるのだ!」
―プレ・ヴィズラ[出典]
Vizsla Helmet

ヴィズラのヘルメット

プレ・ヴィズラはと青のペイントが施されたマンダロリアン・アーマーのスーツを装着していた。他のマンダロリアンと同様、彼のヘルメットのバイザーもT字型で、額の部分にクリーム色の三つ又の模様が入っていた。また、彼はデス・ウォッチのシンボルマークが入ったライトグレーのケープを身に着けていることもあった。戦闘中、ヴィズラは2丁のウェスター35ブラスター・ピストルジェットパックウィップコード、火炎放射器などさまざまな装備を使用し、遠い昔に祖先がジェダイ・テンプルから盗み出した黒い刃のダークセーバーを携帯していた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。