FANDOM


類似した名称の記事はプレデター(曖昧さ回避)を参照

プレデター級ファイター(Predator-class fighter)は、フェル帝国ダース・クレイトの銀河帝国が使用したスターファイターである。サイナー・フリート・システムズ社が製造した。シス=帝国内戦第二次帝国内戦で活躍し、銀河連合自由同盟の兵士たちは、この戦闘機に目玉(Eyeball)というニックネームを付けていた。

特徴

Legacytie

古典的なTIE式ビューポートのプレデター(手前)と、水平式ビューポートのプレデター(奥の2機)

銀河内戦で使用されたTIE/LNスターファイターの後継機と考えられるプレデター級ファイターは、非常に操作性が高く、重武装のスターファイターだった。しかし、旧来のTIEシリーズの戦闘機とは異なり、ブレード型の翼にハイパードライブ偏向シールド発生装置を備えていた。チス・アセンダンシーで使用されていたヌシス級クロークラフトと同様、プレデター級ファイターの翼は可動式になっており、機体の操作性を補助する役目を担っていた。ドッキング(停泊)時、この翼は後方に折りたたまれた。プレデターの翼には複雑なテクノロジーが詰め込まれていたため、メンテナンスの際には悩みの種となった。また、標準仕様のビューポートは水平式になっており、太い支柱によって区切られていたため、可視性が低かった。

積極的なロビイ活動の末、帝国宇宙軍サイナー・フリート・システムズ社を説得し、古典的なTIEスタイルのコックピットを持つプレデター級ファイターを製造させた。中隊の指揮官たちが、この旧式コックピットのプレデターを操縦した。他のパイロットたちは、標準仕様の水平式ビューポートの戦闘機に乗り込んだ。

歴史

シス=帝国戦争の時代、プレデター級ファイターはフェル帝国の主力戦闘機として使用されていた。戦争が終結し、新たに第二次帝国内戦が勃発した後、ローン・フェル皇帝指揮下の亡命帝国と、ダース・クレイト指揮下の銀河帝国の両方で、プレデター級ファイターが使われることになった。ただし、クレイトの帝国では、新たにシス=帝国スターファイターが導入され、プレデター級に代わる存在となった。

モフラルフ・イェイジ指揮下の第1帝国センター・コア防衛中隊は、プレデター級ファイターを使用していた。130 ABY、イェイジの部隊のプレデターは惑星オッサスジェダイ・プラキシウム襲撃した。プレデター級ファイターは、逃亡を試みるニュー・ジェダイ・オーダーJ-1シャトルを撃墜しようとしたが、ケイド・スカイウォーカーが操縦するX-83ツインテール・スターファイターによって迎撃された。スカイウォーカーは数機のプレデターを破壊し、仲間たちをオッサスから逃がした。

インペリアル・ナイトもプレデター級ファイターを使用した。137 ABYアンタレス・ドレイコガナー・クリーグは、プリンセスマラーシア・フェルを救出するためヴェンダクサに駆け付けた際、プレデターに乗り込んでいた。また、モン・カラマリの戦いではアウター・リム第3艦隊がプレデターを使用していた。

制作の舞台裏

PredatorLauchRacks

ラックに収まったプレデター級ファイター

ダーク・ホース・コミックスの編集者であるランディ・ストラドリーは、デザイナー兼イラストレーターのショーン・クックに、『Star Wars: Legacy』シリーズに登場する宇宙船のデザインを任せた。プレデター級ファイターのデザインも、クックの手によるものである。

プレデター級ファイターの画像が初めて公開された際、一部のファンは、この戦闘機はパイロットのいないドロイド・スターファイターの一種なのではないかと推測した。しかし、この予想はクリエイターの公式オンライン・チャットで否定されることになった。『Legacy』の作者であるジャン・ダーシーマが、伝統的なTIE式コックピットのスターファイターも登場することを明言したのである。

登場作品

Predators IK shuttle

インペリアル・ナイト・シャトルを襲う2機のプレデター

Predatortie

プレデター級ファイターのブループリント

  • Star Wars: Legacy 8: Allies
  • Star Wars: Legacy 1: Broken, Part 1 (初登場)
  • Star Wars: Legacy 6: Broken, Part 5
  • Star Wars: Legacy 7: Broken, Part 6
  • Star Wars: Legacy 13: Ready to Die
  • Star Wars: Legacy 14: Claws of the Dragon, Part 1
  • Star Wars: Legacy 16: Claws of the Dragon, Part 3 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 18: Claws of the Dragon, Part 5
  • Star Wars: Legacy: Indomitable
  • Star Wars: Legacy 24: Loyalties, Part 2
  • Star Wars: Legacy 26: The Hidden Temple, Part 2
  • Star Wars: Legacy 28: Vector, Part 9
  • Star Wars: Legacy 29: Vector, Part 10
  • Star Wars: Legacy 30: Vector, Part 11
  • Star Wars: Legacy 36: Renegade
  • Star Wars: Legacy 37: Tatooine, Part 1
  • Star Wars: Legacy 42: Divided Loyalties
  • Star Wars: Legacy 44: Monster, Part 2 (言及のみ)
  • Star Wars: Legacy 47: The Fate of Dac
  • Star Wars: Legacy 48: Extremes, Part 1
  • Star Wars: Legacy—War 2
  • Star Wars: Legacy—War 3
  • Star Wars: Legacy—War 4
  • Star Wars: Legacy—War 5
  • Star Wars: Legacy Volume 2 6 (ヴィジョンの中に登場)
  • Star Wars: Legacy Volume 2 7 (回想シーン)
  • Star Wars: Legacy Volume 2 16
  • Star Wars: Legacy Volume 2 17


TIEシリーズ
帝国のスターファイター
T.I.E.スターファイター · TIE/LNスターファイター · TIEアドバンストx1 (改造型) · TIE/x2スターファイター
TIE/x3スターファイター · TIE/Ad x7 · TIE/AGアグレッサー・スターファイター · TIE/adスターファイター
TIE/brボーディング・シャトル · TIE/Dディフェンダー · TIE/D自動式スターファイター · TIE/fcスターファイター
TIE/gtスターファイター · TIEヘビー・ボマー · TIEハンター · TIE/INインターセプター (ロイヤル・ガード仕様)
TIE/ITインターディクター・スターファイター · TIEランダー · TIE軽量型 · TIEオプレッサー · TIE/phファントム
TIE/rcスターファイター · TIE/saボマー · TIEセンチネル · TIE/sh VIPシャトル · TIE/srスターファイター
TIEスターファイター · TIEヴァンガード · シミター・アサルト・ボマー · スターハンター · スーパーTIE
プレデター級ファイター · ニュートラライザー級ボマー · シャドウ中隊のTIE
試作型スターファイター
TIE試作型M1 · TIE試作型M2 · TIE試作型M3 · TIE試作型M4 · TIE試作型M5
非帝国のスターファイター
アドバンスト・プロジェクト・シップ · アレフ級スターファイター · ローン・スカウトA
ヌシス級クロークラフト · TIEレコノイサンス・ファイター · TIE/rptスターファイター · TIEステルス
スターファイター以外のモデル
センチュリー・タンク · TIE ap-1 · TIEファイター・ボート · ランセット対空砲台
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki