FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

「連合艦隊は、燃える赤い巨星プリマス・ガルードのそばで敵を迎え撃った」
ヴォレン・ナルの歴史書[出典]

5000 BBYハイパースペース大戦中、恒星プリマス・ガルード付近で戦いが行われた。エンプレステタが率いるコロス艦隊と、シスの暗黒卿ナガ・サドウシス帝国軍が争った。コロス・メジャーの戦いアールバ・ザ・ハットを死なせてしまったシス軍の指揮官ゲイヴ・ダラゴンは、実の妹ジョリと対立することになってしまった。事態に耐え切れなくなったゲイヴは、妹の前から逃げ出し、サドウのシス・メディテーション・スフィアがあるプリマス・ガルード星系へと向かった。サドウはそこで、戦いを援護するため、フォースを使いを作り出す作業を行っていた。戦争の暴力に終止符を打とうと決心したゲイヴは、サドウの船を攻撃した。するとサドウは、宇宙船内で一対一で対面しようとゲイヴに持ちかけ、ゲイヴはこれを受け入れた。しかし罠にはまったゲイヴは、ダメージを負った宇宙船に取り残されてしまった。ゲイヴはサドウの船からテタの軍隊と連絡を取り、シス帝国にとって致命的な戦略的情報を彼らに教えた。共和国軍はすぐに駆け付けたが、サドウの旗艦コルセア>率いるシス軍が再び星系に出現する。レーザー砲火が飛び交う中、サドウは逃げ出すためにトリックを使った。秘密兵器を使ってプリマス・ガルードの太陽フレアを操作したサドウは逃走に成功し、コロス軍も脱出したが、ゲイヴ・ダラゴンは命を落とした。

背景

5000 BBY、長い間孤立していたシス帝国の拡張主義者、シスの暗黒卿ナガ・サドウは、侵略艦隊を招集して銀河共和国への攻撃を開始した。ハイパースペース大戦として後世に知られるこの侵略戦争で、シスは軍を二手に分けて進軍する戦略を採った。彼らは共和国の首都コルサント攻撃する一方で、エンプレス・テタ星系にも侵攻した(星系では惑星キレックコロス・メジャーの2か所で衝突が勃発する)。その間、ナガ・サドウはプリマス・ガルード星系シス・メディテーション・スフィアに退き、ダークサイドフォースイリュージョンをつくり出す作業に没頭した。コロス・メジャーでは、シスの惑星侵略の指揮を任されたゲイヴ・ダラゴンが、妹のジョリを探すためドロップシップで地表に降りた。ゲイヴは知り合いのアールバ・ザ・ハットと出会ったが、口論の末、結果的にこのハットを死なせてしまった。現場を目撃したジョリ・ダラゴンは、アールバのについて兄を責めた。事態に耐え切れなくなったゲイヴは、妹の前から逃走した。

戦争を終わらせる決断をしたゲイヴは、サドウを倒すためにプリマス・ガルード星系に向かった。ゲイヴはサドウのメディテーション・スフィア砲撃し、シスの幻影をつくり出そうとする暗黒卿の集中を破った。その結果、ダークサイドの幻は消滅する。サドウはゲイヴにメッセージを送り、メディテーション・スフィアで一対一で対面しないかと持ちかけた。ゲイヴは申し出を受け入れ、個人用シャトルでスフィアに移動したが、到着したとき既にスフィアは無人になっていた。サドウは星系の巨星プリマス・ガルード軌道でスフィアを放棄し、ゲイヴはその中にたったひとり取り残される形になった。取り乱したゲイヴは、まだ使用可能だった通信システムを使い、妹とエンプレステタ(コロス星系の支配者)に連絡を取る。すぐに星系に到着したコロス艦隊は、ゲイヴに降伏を求め、乗船に備えるよう要求した。通信中、ゲイヴはシス帝国領域が現在無防備になっているという戦略的な情報を彼らに教えた。

戦闘

しかしその次の瞬間、サドウの艦隊の残存勢力が再招集され、プリマス・ガルード星系に再び姿を現した。サドウは、シスの暗黒卿はそう簡単にあきらめないと豪語した。コロス軍もはじめは敵の出現に驚いたが、これをシス軍にさらなるダメージを与える機会と判断した。レーザー砲火が交わされる中、旗艦デリファン級バトルシップコルセア>に乗るサドウは、秘密兵器を使ってプリマス・ガルードの太陽フレアを操作した。フレアはその場にいた全員の命を脅かし、ゲイヴは妹とコロス艦隊に逃げるよう警告した。ゲイヴはまた、シス帝国の座標を彼らに送った。シス艦隊は帝国領に戻るため逃げ出し、エンプレス・テタはゲイヴの座標に従ってジャンプするよう指示を出した。ゲイヴ・ダラゴンの乗るシス・メディテーション・スフィアは破壊され、彼も命を落とした。

その後

ゲイヴ・ダラゴンから手に入れた座標を使い、テタの軍隊はサドウを追ってシス帝国に到着し、第二次コリバンの戦いで敵を破った。サドウは自らのを装い、辺境の衛星ヤヴィン4に姿を隠した。プリマス・ガルードの戦いでゲイヴ・ダラゴンが死んだ後、ジョリは兄との思い出の場所、シナガーにあるアールバの修理ドックを手に入れた。

制作の舞台裏

プリマス・ガルードの戦いは、コミック・ブック・シリーズ『Star Wars: Tales of the Jedi』の『The Fall of the Sith Empire』(1996年発売/ケヴィン・J・アンダースン作、未邦訳)で描かれた。ドリュー・カーピシンによる2006年小説『Darth Bane: Path of Destruction』(未邦訳)や、ジョン・ジャクソン・ミラーによる2009年の『Lost Tribe of the Sith: Precipice』でも、この戦いについて言及する箇所がある。

登場作品

  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 4: The Dogs of War (初登場)
  • Tales of the Jedi: The Fall of the Sith Empire 5: End of an Empire (言及のみ)
  • Lost Tribe of the Sith: Precipice (言及のみ)
  • Lost Tribe of the Sith: Savior (言及のみ)
  • Timeline 12: The Great Hyperspace War ホログラムでの登場)
  • Star Wars: The Old Republic (作中の文書内で言及)
  • Darth Bane: Path of Destruction (言及のみ)
  • Star Wars: Darth Plagueis (間接的に言及)

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki