FANDOM


「ブーロタス・ザ・ハットは、それまでのハットの固定観念を破り、史上まれな名議長となった」
ヴォレン・ナル[出典]

ブーロタス[2](Blotus)は9000 BBYから8000 BBYまで続いたリアニタス期の間、275間に渡って銀河共和国最高議長を務めたハット。もともとハット帝国から独立した複数の採鉱惑星の管理人を務めていたブーロタスは、共和国に加わった後、銀河元老院であっという間に人気者になった。議長になったブーロタスは、彼の種族に対する固定観念を打ち破り、共和国を新しい繁栄の時代へと導いた。その後も、ブーロタスは銀河系史上における傑出した最高議長のひとりとして記憶された。

経歴

ブーロタス・ザ・ハットは、リアニタス期9000 BBY8000 BBYまでの時代)の人物である。ブーロタスは採鉱惑星群の管理者を務めていた。ブーロタスが監理した星々は、ハット帝国への残留を選ばず、銀河系の主要政府銀河共和国への加盟を選択した。銀河共和国とハット種族の間には緊張感が存在したが、ブーロタスと彼の惑星は共和国の集団の中に受け入れられ、このハットは銀河元老院で人気者になった。

それからしばらくして、ブーロタスは圧倒的大多数の票を獲得し、銀河共和国の最高議長に選出された。ブーロタスが議長のオフィスに就任したことで、ハットによる共和国への移住が、過去数千で最盛期を迎える。最初のハットの最高議長が生まれたことで、この種族全体に対する固定観念が払拭された。ブーロタス議長のもとで、共和国は繁栄の時代を迎えて成長する。ブーロタスが独立した商人たちに租税優遇措置を与えたため、コア・ワールド内での貿易が栄え、特に共和国の首都惑星コルサントは相当な経済的成長を享受した。

ブーロタスは銀河系政府の指導者として、275年間に渡り共和国を統治した。ブーロタスは、912歳で静かに他界した。共和国とシス帝国冷戦の時代、最高議長ブーロタスは親しみを以て人々に記憶され、ブーロタスが気に入って座っていた元老院ビルのラウンジにあった椅子は、故意に空席のままにされていた。後世の人々はブーロタス・ザ・ハットを共和国の歴史上もっとも傑出した最高議長のひとりに数え、36 ABY歴史家ヴォレン・ナルが著した歴史書でも評価されていた。

個性と特徴

他のハットたちと同様、ブーロタスは両性具有者だったが、性格は男性だった。複数の惑星の管理人だったブーロタスは、有能な人物として評価されていた。ブーロタスは共和国の最高議長になることでハットに対する古くからの固定観念を打ち破り、その死後数世紀にわたり、銀河史上もっとも有名な最高議長として記憶され続けた。

制作の舞台裏

ブーロタスは、2005年10月15日(邦訳は2006年2月20日)に発売されたダニエル・ウォーレスケヴィン・J・アンダースンの著作、『スター・ウォーズ 全史』で初めて言及されたキャラクターである。ハットの最高議長という設定は、2008年の『The Complete Star Wars Encyclopedia』(未邦訳)や2009年の『The Essential Atlas』(未邦訳)でも紹介された。

登場作品

参考資料

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 出典:スター・ウォーズ 全史
  2. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki