Fandom

Wookieepedia

ブースター・テリック

9,033このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ブースター・テリック[1]Booster Terrik)はコレリア出身のもと密輸業者で、スター・デストロイヤーエラント・ヴェンチャー>の所有者。

経歴

ブースターはもともとは、宇宙ヨット<パルサー・スケート>の初代船長であった。義侠心に富んでいた彼はウェッジ・アンティリーズが両親を殺した海賊に復讐するのを手伝い、親交を結んだ。だが、コルセックハル・ホーンに逮捕され、五年の刑を宣告される。

 出所して以後は反乱同盟軍大佐となっていたウェッジを手伝い、イセイン・アイサードと戦った。このときに娘のミラックスコラン・ホーンと恋仲になっていることを知る。ヤグデュルの防衛戦においてスター・デストロイヤーを捕獲、パッシュ・クラッケンと共にタイフェラの戦いに赴き、勝利を決定付ける働きをする。この功績により、彼は――クラッケン将軍とのごたごたの末に、ではあるが――捕獲したスター・デストロイヤーを自らの所有物とする。このときコランが援護してくれた見返りとして、娘との婚約を認めている。(その後はうまくやっているようである)

 その後カーマス・ドキュメント事件が起きるまで、彼は<エラント・ヴェンチャー>と名づけたスター・デストロイヤーに乗っていたが、相次ぐ故障と膨大な経費に辟易していた。そこで彼は、まいこんで来たベル・イブリスの提案に飛びつき、艦の補修と塗装を条件として、ヤガ・マイナー潜入作戦に彼の船を貸与する。 この作戦の後、彼はレンガ色に塗ったエラント・ヴェンチャーで銀河を飛びまわり、タロン・カードルーク・スカイウォーカーと交渉を持った。

 ユージャン・ヴォングが侵攻してくると、彼の艦はジェダイ候補生を乗せて銀河を飛びまわり、動く避難所としての役割を果たした。ただし、時間にルーズな性格が災いしてレイア・オーガナ・ソロマラ・ジェイド、コラン・ホーンを困らせている。 ジェダイたちがモー星団のシェルターに避難すると、彼は密輸業者同盟の一員として戦闘に参加した。エラント・ヴェンチャーは再びかつての装備を与えられ、ボーレイアスでは盟友ウェッジ・アンティリーズの、エバックではハン・ソロの元で戦っている。他にもカルーラコルサントの戦い(第五次)に参戦している


脚注

  1. カタカナ表記は『統合』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki