FANDOM


ブレード・エミッター(Blade emitter)はライトセーバーの部品の1つで、柄の先端部分に位置するブレード放出口である。[1] エミッターから放たれたプラズマのエネルギーはブレードの先端で弧を描き、再びグリップに戻ってくる仕組みになっていた。[3]

エミッターの付近に取り付けられる“覆い”はエミッター・シュラウド(Emitter shroud)と呼ばれ、ヨーダライトセーバースカイウォーカーのライトセーバーをはじめ、多くのセーバーにこの部品が使われていた。[2]

エミッターに付属する大きな突起はエミッター・ガード(Emitter guard)と呼ばれ、ドゥークー伯爵ライトセーバーにこの部品が使われていた。[2]

参考資料

脚注

ライトセーバー
ライトセーバーのフォーム
フォームI - フォームII - フォームIII - フォームIV - フォームV - フォームVI - フォームVII
ライトセーバーの種類
ケイン・ライトセーバー - クロスガード・ライトセーバー - カーブド=ヒルト・ライトセーバー - ダークセーバー - ダブル=ブレード・ライトセーバー
ダブル=ブレード回転式ライトセーバー - ライトセーバー=ブラスター - ライトセーバー・パイク - ショート・ライトセーバー
ライトセーバーの部品
カイバー・クリスタル - 磁気安定リング - 焦点レンズ - ダイアチウム・パワー・セル - 不活性パワー・インシュレーター
ブレード・エミッター - ブレード出力調整器 - ブレード伸縮調整器 - ポメル・キャップ
関連記事
ギャザリング - ライトセーバー戦 - ライトセーバー・ヒルト
[テンプレート]
他言語版