FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

「プリンセス。今夜は手の打ちようがありません。気温も下がってきました。残念ですが、扉を閉めなくてはなりません」
―ブレン・ダーリン[出典]

ブレン・ダーリン[1](Bren Derlin)は人間男性で、共和国再建のための同盟新共和国の将校。反帝国主義の元老院議員だった父親、ギャレン・ダーリン銀河皇帝のエージェントによって暗殺された後、反乱同盟に加わった。ダーリンは反乱軍で頭角を現して大尉に昇格し、ラルティアの戦いに参加した。ネンタンの戦いでは、ダーリンの英雄的な行動によって多くの人命が救われ、彼はさらなる昇格を遂げた。ダーリン少佐同盟情報部に仕えつつ、カーリスト・ライカン将軍の指揮下に入り、惑星ホスエコー基地で反乱軍本拠地の軍事作戦および保安主任を務めた。ハン・ソロルーク・スカイウォーカーが基地の外で行方不明になった際、基地全体を危険にさらすわけにはいかないと考えたダーリンは、基地のドアを閉鎖するという厳しい決断を下した。この出来事の後、ダーリンはホスの戦いに参加した。

1後、ハン・ソロ将軍はダーリンに声をかけ、エンドアにある帝国のシールド・バンカーを破壊する危険な任務に、ホスのベテラン兵士たちを呼び集めた。彼らの任務が成功すれば、同盟軍艦隊は帝国の第2デス・スターバトルステーションに直接攻撃を仕掛けることが出来た。エンドアの戦いの中で、惑星に着陸したダーリンの部隊は敵に捕らえられたが、彼らが陽動となって任務は成功した。

反乱同盟が新共和国になった後、ダーリンは新共和国情報部に仕え、レウスVI犯罪王トレル・ヴォーンと敵対した。やがて大佐に昇格したダーリンは、スローン戦役において、帝国軍を罠に嵌めるという困難な任務を遂行することになった。ギアル・アクバー提督とメイディーン将軍がビルブリンギへの攻撃を行うために、ダーリンはタングリンが本当の攻撃目標であるかのように見せかけ、帝国を欺こうとした。しかしこの計略は、帝国のスローン大提督に見抜かれてしまった。その後ダーリンは准将になったが、活動的な軍務からは退いた。16 ABY、ダーリンは兵役を退いた軍人の集まり、同盟軍退役兵士戦勝協会の代表になっていた。

経歴

Wiki-shrinkable このキャラクター記事は書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品

参考資料

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはブレン・ダーリンに関する3枚の画像があります。

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。