FANDOM


ブレハ・オーガナ(Breha Organa)は人間女性で、クローン戦争銀河帝国時代初期の惑星オルデラン女王。クローン戦争が終結した際、ブレハと彼女の夫であるベイル・オーガナ元老院議員レイアという名の赤ん坊を養女として引き取った。レイアはナブー代表のパドメ・アミダラ議員とダークサイドに転向したジェダイ・ナイトアナキン・スカイウォーカーの娘だったが、その出自は世間には秘密にされた。ブレハとベイルの養女は、オルデランのプリンセス・レイア・オーガナとして育てられた。

オルデランの君主を務めながら、ブレハは自ら若きオルデラニアンたちに母星の文化と遺産を教育した。銀河帝国の時代オーガナ家によって統治されたオルデランは、帝国から反乱運動の根源とみなされていた。実際、この惑星は共和国再建のための同盟の初期の支援者となった。ヤヴィンの戦いの直前、帝国軍の深宇宙機動性バトル・ステーションデス・スターがオルデランを破壊した際にブレハは夫と共に命を落とした。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。