FANDOM


「さてと、この銀河ですごいのはフォースだけじゃねえってことを、そろそろ見せてやるよ」
―ブルディ・ゲイン[出典]

ブルディ・ゲイン[2](Brudi Gayn)は人間男性で、クローン大戦の時代から銀河帝国の時代にかけて活動していたフリーランスで腕利きのパイロット。ギャングのキャッシュ・ギャルランや、密輸業者ジュラのためにしばしば働いていた。クローン大戦が終結した直後、ゲインはギャルランの仕事を引き受け、オーダー66を生き残ったふたりのジェダイローン・シュラインオリー・スターストーンを惑星マーカナから逃がした。

経歴

クローン大戦終結

VadersActis

ゲインはヴェイダーが操縦するインターセプターから逃げ切った

ブルディ・ゲインはアウター・リム・テリトリーで活動していた腕利きのパイロットだった。彼はマーカナを拠点とするトワイレックのギャング、キャッシュ・ギャルランのために荷物を運んだり、密輸業者ジュラのためにしばしば働いていた。クローン大戦中の19 BBY、マーカナでは独立星系連合銀河共和国戦闘を繰り広げ、数人のジェダイクローン・トルーパーを率いて戦っていた。しかしオーダー66が発令されると、クローンたちはジェダイに銃を向け、銀河中でジェダイの粛清が行われた。マーカナで難を逃れたジェダイ・マスターローン・シュラインパダワンオリー・スターストーンは、シュラインの旧友ギャルランのもとへと逃げ込んだ。ブルディ・ゲインはこのふたりを逃がすようギャルランに頼まれ、自分のクロークシェイプに彼らを乗せる。このとき、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーがマーカナを訪れており、ブルディの船はヴェイダーのインペレーター級スター・デストロイヤーイグザクター>によって発見されてしまう。[1]

ブルディ・ゲインのクロークシェイプは、2機のVウイングと、ヴェイダー専用機ジェダイ・インターセプターによって追跡された。ゲインは機体の速力を上げ、ギャルランが用意したハイパースペース・ブースターへと向かった。ヴェイダーのインターセプターからはビームが発射されたが、クロークシェイプは一足早くブースター・リングに達し、ハイパースペースへとジャンプした。その後の3時間で、ブルディ・ゲインは3回ジャンプを行い、密輸業者ジュラのコレリア製貨物船、<ドランク・ダンサー>との会合地点であるタイオン星団の端でリアルスペースへと戻った。その後、スターストーンの提案で、<ドランク・ダンサー>は他のジェダイの生存者のグループと落ち合うことになったが、会合地点は帝国軍ARC-170スターファイターによって攻撃された。ゲインたちは敵機を何機か撃ち落とし、ジェダイの乗るSX兵士輸送船とドッキングし、ハイパースペースへと飛び込んだ。[1]

ジェダイの生存者

<ドランク・ダンサー>が惑星ジャグアダを離れたあと、ローン・シュラインを除くジェダイは、モサックで密輸業者ジュラと別れることになった。その後、ジュラはキャッシュ・ギャルランから引き受けていた仕事を開始する。その内容は、銀河帝国に賛同していない元老院議員ファング・ザーを、滞在中のオルデランから故郷へと連れていくことだった。ブルディ・ゲインやジュラ、エイル・ディックスたちは<ドランク・ダンサー>に残り、シュラインやアーチャー・ベイルスケック・ドラグルはデモが行われていた都市オルデラでザー議員を探した。このとき、ザーを連れ戻すため、パルパティーン皇帝はヴェイダーをオルデランに派遣していた。ゲインたちの乗る<ドランク・ダンサー>は何とかオルデランを脱出したが、ヴェイダーによるライトセーバーの攻撃でザーは命を落とし、ジュラが負傷した。[1]

その後、ローン・シュラインは他のジェダイのもとに戻ることを決め、ゲインたちの乗る<ドランク・ダンサー>は惑星キャッシークへと向かった。この惑星は、大戦中にジェダイ・マスター・ヨーダクインラン・ヴォスルミナーラ・アンドゥリたちが派遣されていた惑星であり、スターストーンが訪問地として選んだ惑星だった。しかし、スターストーンたちを迎え入れたことで、キャッシークのウーキーは帝国軍の標的になってしまっていた。ゲインやジュラを残し、シュラインはひとりキャッシークの地上に降りてクローンやヴェイダーと戦い、命を落とした。ゲインはエイル・ディックスとともに<ドランク・ダンサー>を操縦し、スターストーンたちを回収して、安全な場所へと逃げ込んだ。キャッシークから一緒に脱出したクッドジェルチューバッカ、そしてスターストーンたちは、しばらく<ドランク・ダンサー>に残ることになった。[1] ブルディ・ゲインがその後、<ドランク・ダンサー>に残ったのか、フリーランスとしての活動を再開したのかは不明である。

個性と特徴

人間の男性、ブルディ・ゲインは、アウター・リムで頻繁に活動し、アウター・リム訛りのベーシック語を話した。ゲインは黒い髪をしており、ひょろりとした体型で、ジェダイのローン・シュラインよりもいくつか年上だった。彼は宇宙船を操縦するとき、体を計器パネルから離した姿勢で、操縦桿をほとんど握らずに座っていた。しかしゲインの操縦技術は優れたものであり、彼が操縦するクロークシェイプに乗ったローン・シュラインや、彼を追跡したダース・ヴェイダーらは、その技術を評価していた。[1]

登場作品

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。