FANDOM


「ブリンはわたしに似てるね」
「ブリンになりたいなら、なれるよ」
―ゲイレンとジン・アーソ[出典]

ブリン(Brin)は銀河帝国期に放送されていたホロドラマ、『オクターブ・ステアウェイ』の主人公である。物語の中でブリンとその仲間たちは、家に帰るために必要な魔法の力を手に入れるべく、八階建てのお城の螺旋階段を下っていく。[1]

幼い頃、『オクターブ・ステアウェイ』がお気に入りだったジン・アーソは、家に帰ろうとしているブリンの絵を書いた。ジンの父親であるゲイレンは、娘が描いたブリンが自分に似ていることに気づき、そのことについて指摘した。するとジンはゲイレンもブリンになりたければなることができると答えた。当時、カイバー・クリスタルの研究に打ち込むあまり家族をないがしろにしていたゲイレンは、この出来事をきっかけに自分のすべきことを考え直した。[1]

脚注

  1. 1.0 1.1 出典:カタリスト
他言語版