Fandom

Wookieepedia

ブリア・サレン

9,233このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする

ブリア・サレン[1](Bria Tharen)は初期の反乱同盟軍において重要な役割を演じたコレリアン女性である。ブリア・サレンはレンセラ・サレンの娘として生まれた。サレンの家庭は裕福であり、ここでブリアは健全そのものの少女時代を送る。大学においてジェダイ・ナイトクローン戦争について研究し、多くの知識を得た。だが、十七歳のとき、彼女は自分の人生に物足りなさを感じ、それを埋めてくれるものとして宗教を選ぶ。彼女はコルサントへの進学を捨て、イリーシアの宗教植民地へと旅立った。イリーシアで彼女はトランダ・ティルの司祭たちが巻き起こす「歓喜」に接し、これに夢中になる。彼女は他の奴隷と同じく、より高い悟りに到達するために、司祭の命令に従って盲目的にスパイス加工工場で働いた。そして1年が経ったとき、若きハン・ソロが司祭のパイロットとしてこの惑星にやってくる。工場を見学していたハンは、ブリアを一目で同郷人だと見抜いた。二人はお互いに惹かれあっていくが、ブリアはこれを背教と感じ、複雑な感情を抱く。

二人はその後コレリアにも戻り、さらにインペリアル・センターへと向かった。だが、そこで二人は自分たちが賞金をかけられたことを知る。ブリアはハンに迷惑をかけないために彼の元を離れ、反乱グループの一員となった。彼女は帝国軍のトレファーレン提督の助手や、モフサーン・シルドの愛人として振る舞い、帝国軍の機密を盗んだ。しかし、彼女にかけられた賞金は膨大なものだった。彼女は逃げ続け、ついに同盟軍に加わった。

レッド・ハンド中隊の指導者となった彼女は、再びハンの手を借りる。密輸業者たちを集めて、イリーシアを攻撃したのである。だが、彼女は密輸業者たちの分け前を卑劣なやり方で奪い去り、ハンの信用を失墜させた。その後、彼女はトプラワに向かい、現地のレジスタンスを支援した。彼女はそこで初代デス・スターの設計図を受信し、<タンティヴIV>に送信する。帝国軍はそれを奪回するため、トプラワに猛攻撃を仕掛けた。レッド・ハンドの貧弱な火力では対抗できず、あっという間に反乱軍は壊滅した。ブリア・サレン中佐も、自害した。

経歴

Editicon.png このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki