FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 

ブラネイド(Blanaid)は人間男性で、帝国地上軍に所属した中尉銀河内戦中、AT-STドライバーとして反乱同盟軍との戦いに参加した。エンドアの戦いではニューランド少佐と共に衛星エンドアの地上に配備されたAT-STウォーカーに乗り込んだ。反乱軍の英雄チューバッカがウォーカーを乗っ取った際、ブラネイドはコックピットから放り出された。

制作の舞台裏編集

ブラネイドは1983年の映画『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場した。彼は劇中で台詞を発するが、名前がクレジットされていない無名キャラの1人で、映画の脚本でも「ウォーカー・パイロット#1」と呼ばれている。キャラクターを演じたのは『ジェダイの帰還』の共同制作者ロバート・ワッツである。1999年発売のスター・ウォーズ カスタマイザブル・カードゲームでは役者にちなんでキャラクター名が「ワッツ」と設定された。しかし、このカードゲームは現在ではスター・ウォーズ レジェンズ設定となり、公式な正史とは認められていない。「ブラネイド」という新しいキャラクター名は2014年発売の『スター・ウォーズ 100シーン』(ジェイソン・フライ著)で初めて紹介された。

登場エピソード編集

参考資料編集

他言語版