FANDOM


「銀河激震の政界スキャンダル! 暴かれた真実と新時代の幕開け」
―KADOKAWA[出典]

ブラッドライン』(原題:Bloodline)はクラウディア・グレイによる小説作品。富永和子訳。

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の6年前、新共和国銀河元老院議員だった頃のプリンセスレイア・オーガナが主人公。新共和国の内外に潜む脅威に立ち向かうレイアの姿と、『フォースの覚醒』に登場するレジスタンス誕生の背景を描く。

出版社による作品紹介

上巻

「エピソード7」の6年前――レジスタンス結成までの政争と混迷

リーダーシップを欠き混迷する新共和国。敵対する二大政党に属すレイア・オーガナ議員ランサム・カスタルフォ議員は、ある犯罪カルテルの実態調査のため協力することになるが、テロ事件に巻き込まれ――!

下巻

銀河激震の政界スキャンダル! 暴かれた真実と新時代の幕開け

テロの首謀者と犯罪カルテルのうしろ盾を探るレイアとカスタルフォ。一方で新共和国の新リーダーを選ぶ選挙戦が始まり、レイアも立候補することに。しかし彼女は秘密が暴露され、告発されることになり――。

登場人物・用語

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

外部リンク

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。