FANDOM


Aurra Sing Blaster SWE

2丁のブラスター・ピストルを構えるオーラ・シング

「それになぜライフルでなくピストルなのだ?」
「おまえを殺すとき、顔と顔を合わせていたかったからさ」
「悲しいほどありきたりだな、大尉。しかも意味がない」
ウィルハフ・ターキンバーチ・テラー[出典]

ブラスター・ピストル(Blaster pistol)は軍隊と民間の両方で一般的に使用されていた武器。様々な形、サイズ、機能のブラスター・ピストルが存在した。アセンション・ガンと呼ばれる種類は、グラップリング・フックやケーブルを発射する機能があった。多くのブラスター・ピストルは、スタン(麻痺)と呼ばれる殺傷能力を落とした弾丸を放つことができた。

概要

他のブラスター・テクノロジーと同様、ブラスター・ピストルも“弾丸”と呼ばれる集束した光線エネルギーを発射した。磁気シール偏向シールドはブラスターの弾丸を防御することができた。また、ライトセーバーも弾丸を偏向することができ、攻撃者や特定の標的に跳ね返すことも可能だった。

歴史

密輸業者ハン・ソロは頻繁にブラスター・ピストルを使用した。賞金稼ぎジャンゴ・フェットクローン・キャプテンレックスは両手で2丁のブラスター・ピストルを巧みに扱った。後者はDC-17ハンド・ブラスターを使用した。銀河帝国の時代、犯罪王シカトロ・ヴィザーゴは一般的なブラスター・ピストルであるヴィルマーズ・リヴェンジを携帯していた。

主なモデル

主な登場作品

参考資料

関連項目

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。