FANDOM


「素晴らしい! 我々を部族の一員に迎えるそうです」
C-3PO[出典]

ブライト・ツリー村(Bright Tree Village)はエンドアにあった村で、チャーパニーサが村長を務めたイウォーク部族の住み処。帝国時代、この村に住むイウォークはエンドアを支配していた。銀河内戦中、ブライト・ツリー村のイウォークは銀河帝国と戦っていた反乱同盟軍の兵士に力を貸し、エンドアの戦いの勝利に貢献した。エンドアの上空に浮かぶ第2デス・スターバトル・ステーションが破壊された後、反乱軍の兵士がブライト・ツリー村に集まり、イウォークの原住民と共に祝勝の宴を開いた。また、ジェダイ・ナイトルーク・スカイウォーカーは村の近くで実の父アナキン葬儀を行った。

特徴

構造

ブライト・ツリー村は衛星エンドアの中にあったイウォーク部族の住み処である。200人のイウォークが樹上に築かれた村で生活していた。[1] ブライト・ツリー村は常緑樹の高さ15メートル(49.2フィート)ほどの場所につくられた家屋から成る集落で、各家屋がテラス、はしご、吊り橋、プラットフォームなどで相互に繋がっていた。他のイウォーク部族の村と同様、ブライト・ツリー村も村長長老によって統治された。村の中心部は村長や長老の家族の住居になっており、部族の会議所としても使われた。親族は村の外縁にある大型の家屋群に住んだ。[3]

家屋

Bright tree

夜のブライト・ツリー村

藁葺き小屋や鳥の巣を思わせるイウォークの家の内部は、快適な居住空間になっていた。家の中央には肉を焼いたり土器でスープを調理するためのかまどがあり、床下は食材の収納スペースや焚き付け場所として利用された。家にはロフトがあり、就寝用の織物製マットと毛皮が重ね敷きされていた。イウォークの村では暗闇を照らす際にたき火やたいまつが使用された。床には木製のスツールとバスケットが置かれ、壁にはフードや道具類がかけられた。村を支えている針葉樹の樹皮は防虫効果と耐火性を兼ね備えていた。大きな枝は槍、弓、スリングショット、ハングライダーのフレーム、投石器のアームを作る際の材料になった。[3]

ゴラックスコンドル・ドラゴンの接近を警戒するため、居住区よりも高い場所に見張り番が立った。イウォークは樹上からハングライダーを飛ばして森や谷を空からパトロールすることがあった。独身のイウォークは村よりも下方に小型の家を構え、デュロックをはじめとする地上からの脅威を警戒した。イウォークは多くの時間を樹上で過ごしたが、植物の実やハーブ採取、狩猟のために地上に降りることも珍しくなかった。また、少数ではあるが地上に住居を構えるイウォークもおり、ブライト・ツリー村のウォリック家のメンバーも地上に住んでいた。[3][4]

歴史

帝国時代、ブライト・ツリー村に住むイウォークたちは衛星エンドアを支配していた。[5]

Editicon このセクションは不完全です。記事の編集が求められます。

住民

EndorParty-ROTJ

ブライト・ツリー村のイウォーク

登場エピソード

参考資料

脚注