FANDOM


フレイムトルーパー(Flametrooper)はファースト・オーダーに仕えるストームトルーパーの特殊ユニットである。レジスタンスとの冷戦の時代に活躍した。白い装甲服を身に着けたフレイムトルーパーはD-93インシネレーター火炎放射器D-93wフレイム・プロジェクター・ガンで武装し、建物などに立てこもった敵の掃討及び制圧を担当した。

特徴

FlametrooperTuanul-Databank

フレイムトルーパー

レジスタンスのメンバーから「ロースター」、「ホットヘッド」、「バーンアウト」などの渾名で呼ばれたフレイムトルーパーはファースト・オーダーに仕えるストームトルーパーの特殊ユニットで、あらゆる戦場を灼熱ので焼き払う火炎放射器を携行していた。彼らの主な任務は標準的なストームトルーパー部隊のエスコートであり、作戦に応じて戦略的に配置された。彼らは火炎放射器で敵の安全な隠れ家を奪うと同時に、ストームトルーパー・アーマーで耐えうる炎の壁を作ることで敵を牽制することができた。彼らは塹壕に火炎を発射して敵をあぶり出し、逃げ惑う目標を仲間のストームトルーパーに撃たせる戦術を得意とし、特に乾燥して燃えやすい環境ではフレイムトルーパーの火炎放射器の炎が抵抗勢力をあっという間に包み込み、決定的な勝利をもたらした。燃料タンクを背負ったフレイムトルーパーは戦場でゆっくりと前進し、その間は標準的な歩兵が彼らを護衛した。[1]

フレイムトルーパーは標準的な10名のファースト・オーダー・ストームトルーパー分隊に1人の割合で配属される特殊ユニットの1つで、戦況によってはフレイムトルーパーではなくメガブラスター重アサルト・トルーパー暴動鎮圧ストームトルーパーが分隊に割り当てられた。[1]

装備

Flametrooper Helmet

フレイムトルーパーのヘルメット

フレイムトルーパーはストームトルーパー・アーマーの下に温度調節機能付きのボディスーツを着ていた。アーマーも熱を偏向する仕様になっており、強化シラメク製のヘルメットは開口部が最小限に抑えられていた。ヘルメットのバイザーは標準的なストームトルーパー歩兵と違ってスリット型になっており、炎のまばゆさを低減する役に立っていた。また、顎の左右に呼吸タンクとの連結部が設けられていた。[1]

フレイムトルーパーはD-93インシネレーター火炎放射器セットを装備し、コンフラグリン14燃料を満載した装甲タンクを2本背負っていた。ダブル・チェンバー式強化ホースでタンクと接続されたD-93wフレイム・プロジェクター・ガンから放たれる炎の最大射程は75メートルにも達した。[1]

歴史

火炎放射器は数千年にわたって歩兵戦闘の中核を成し、クローン戦争期にマンダロリアンスーパー・コマンドークローン・トルーパーによって近代化された。ファースト・オーダー・フレイムトルーパーもその歴史を受け継ぎ、オーダーの軍隊が提供する最新鋭のテクノロジーを駆使した火炎放射器で敵を圧倒した。[1]

34 ABY、複数のフレイムトルーパーが惑星ジャクー聖なる村トゥアナル襲撃に参加した。彼らはロア・サン・テッカをはじめとするフォースの教会の信徒たちが暮らす家に火を放ち、抵抗する村人の制圧に貢献した。[3]

登場エピソード

FlametrooperArt-Fathead

フレイムトルーパー

参考資料

脚注

ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - エクセキューショナー - ガンナー - ロケット・トルーパー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]