FANDOM


フリー・ダック志願兵エンジニアリング・コー(Free Dac Volunteers Engineering Corps)は、主に銀河共和国支持派のモン・カラマリ・シップヤード社に対抗する、クオレン分離主義者達によって構成されていた派閥である。

歴史

この組織は、クオレンによる内戦でモン・カラマリ達が銀河共和国に助けを求めた後、ダックから逃げていった。また、この企業はコマース・ギルドの水の惑星ミントゥイーンに造船所を所有しており、そこでレキューザント級軽デストロイヤーを生産する為にテクノ・ユニオンの主任やホーシュ=ケッセル・ドライブ社等と協力し合っていた。彼らはまた、クオレンの植民惑星パマントにも自社工場を所有し、そこでパマント・ドックス社と共同でプロヴィデンス級キャリアー/デストロイヤーを生産していた。グリーヴァス将軍旗艦、<マレヴォランス>や<インヴィジブル・ハンド>も、そこで生産された。

製品

Recusant cross-section

レキューザント級軽デストロイヤー

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki