FANDOM



フリージア[1](Fresia)は、2,000 BBYからインコム社の本拠地として使われていた、コア・ワールドに位置する惑星である。

特徴

フリージアはメテロス・トレード・ルートの近くに位置した。銀河帝国は国営化したインコム社で働かせるために、多くの非人間種族奴隷をフリージアへと運び、彼らのほとんどはコロモン諸島で生活した。しかしフリージアの人口はわずか230万人であり、コア・ワールドでもっとも人口の少ない居住惑星だった。

歴史

銀河内戦の初期、インコム社Xウイング・スターファイターのプロトタイプをフリージアに保管していた。設立されてから間もない共和国再建のための同盟は、インコム社から情報を得て、Xウイングを手に入れるための作戦を実行した。このとき同盟軍を指揮したのはレイマス・アンティリーズである。

戦いが終わった後、レイマス・アンティリーズ艦長はフリージアを解放し、帝国による支配を終わらせたいと考えた。しかし帝国の標的にされることによってフリージアの市民に危険が及ぶと考えたモン・モスマは、アンティリーズの判断を撤回させた。

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ エンパイア・アット・ウォー』公式サイトに基づく。
Battle of Fresia

フリージアの戦い

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki