FANDOM


HandwrittenAurebesh-GBCC

フリムジプラストにオーラベッシュの文字を書くメイス・ウィンドゥ

フリムジプラスト[1](Flimsiplast)はしばしばフリムジフリムジー(Flimsy)と、そしてときにはプラストと略される、もっともよく普及したことばを書き記すためのメディア。髪の毛のように薄いアクリル板のこのシートはほとんど透明であり、しばしば集められて硬い表紙の“”の形にされていた。また、フリムジプラストはコンピューター・ファイルのハードコピー印刷にも使用されていた。ほかにもフリムジの使い道はあり、例えば病院で使用されていた使い捨て用のガウンもそのひとつである。

フリムジプラストはと違って最離党することが出来たが、液体に溶けてしまう。

脚注

  1. カタカナ表記は小説版『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki