FANDOM


この記事はクローン大戦の戦いを扱っています。 あなたが探しているのは別の戦いかもしれません。
「二年近くにらみあいがつづいたあと、思いがけなく、テクノ・ユニオンのエンジニアたちが新しくつくった戦艦でフォーロストの封鎖を突破した」
ヴォレン・ナルの歴史書より[出典]

フォーロストの戦いBattle of Foerost)は、クローン大戦勃発から2近く経った20.1 BBYに発生した。銀河共和国は、戦争が始まった当初から、スターシップ独立星系連合の手に渡らないようテクノ・ユニオンフォーロスト造船所封鎖していた。しかし、包囲されていたテクノ・ユニオンのエンジニアたちは、新型軍艦ブルワーク・マークIを完成させて状況を一変させた。ブルワーク艦隊と呼ばれるブルワーク級バトルシップの宇宙艦隊は、デュウア・ニンゴ提督の指揮の下、共和国のジャン・ドドンナ大佐が率いるフォーロスト封鎖部隊と交戦した。封鎖を突破したブルワーク艦隊がコア・ワールドに対して一連の攻撃を開始したため、共和国は試作型のクルーザーヴィクトリーI級スター・デストロイヤー艦隊を発進させることを余儀なくされた。

背景

クローン大戦の数世紀前、テクノ・ユニオン惑星コア・ワールドフォーロスト軌道に位置するスターシップ建造施設フォーロスト造船所を買収した。テクノ・ユニオンのスターシップ・エンジニアたちは、ここでブルワーク・マークIと呼ばれる新型艦を開発した。これは分厚い装甲板に覆われた全長1キロメートルにおよぶバトルクルーザーだった。22 BBYにクローン大戦が勃発した後、銀河共和国宇宙軍は、分離主義勢力とテクノ・ユニオン造船所の供給ラインを断ち切るためにフォーロストを封鎖した。この包囲戦はフォーロストの封鎖と呼ばれ、テクノ・ユニオンの設計者たちが新型艦の実戦投入を決断するまでの間、2近くも継続した。

戦闘

「老サラスタンのデュウア・ニンゴが指揮をとるブルワーク艦隊は、共和国の封鎖を突破し、コルサントのセクター・ゼロにある前哨基地をたたきつぶした。ニンゴの進撃を止めるために、共和国は最新鋭の戦艦、ヴィクトリー級スター・デストロイヤーを発進させた」
―ヴォレン・ナル[出典]

クローン大戦勃発から23かが過ぎた20.1 BBY15:4)、テクノ・ユニオンの技術者たちは、ブルワーク・マークIの宇宙艦隊、ブルワーク艦隊を完成させた。連合宇宙軍デュウア・ニンゴ提督によって率いられたブルワーク艦隊は、フォーロスト造船所で戦いを開始し、ジャン・ドドンナ大佐が指揮する封鎖部隊を突破した。目撃者たちは、予想だにしない分離主義勢力の新型艦の出現に驚愕した。

その後

VSD-SWR

ヴィクトリーI級スター・デストロイヤー

ブルワーク艦隊がフォーロストの封鎖を突破した後、ニンゴ提督は惑星コルサントを征服するよう命じられた。彼の指揮する艦隊は、銀河系首都惑星を目指して進軍し、途中でセクター・ゼロにある共和国の前哨基地を破壊した。ブルワーク艦隊に対処するため、共和国はエンジニアのワレックス・ブリセックスが設計した新型軍艦、ヴィクトリーI級スター・デストロイヤーを発進させることに決めた。クワット・ドライブ・ヤード社レンディリ・スタードライブ社の共同事業、ヴィクター・イニシエイティブ・プロジェクトによって誕生したヴィクトリーI級スター・デストロイヤーは、予定よりも6か月早く実戦に投入されることになった。共和国宇宙軍のジャン・ドドンナやテリナルド・スクリード艦長によって指揮された複数の新型艦は、ヴィクトリー艦隊と呼ばれた。ふたりの共和国軍将校は、それぞれの新型スター・デストロイヤー戦闘グループを処女航海となる戦いへと導き、イクストラーアルサカンバシリスクといったコア・ワールドの星々でブルワーク艦隊と衝突した。アナクセスの戦いで一連の戦闘が終結した後、共和国はフォーロストをテクノ・ユニオンから取り戻した。

銀河連合自由同盟の著名な歴史家であるヴォレン・ナルは、36 ABYに発表した自身の銀河歴史書の中で、フォーロストの戦いについても記述している。

制作の舞台裏

フォーロストの戦いは、2006年に発売されたダニエル・ウォーレスによるリファレンス・ブック、『スター・ウォーズ 全史』(原書は2005年に発売)で初めて言及された。このエッセンシャル・ガイドは、スター・ウォーズ世界の歴史家ヴォレン・ナルによって編纂された、イン=ユニバースの歴史文書という設定である。

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki