FANDOM


「ジェダイなくしてフォースのバランスは保たれないのだ」
ロア・サン・テッカ[出典]

フォースの教会(Church of the Force)はジェダイの思想を信奉するたちによって構成される緩やかな地下信仰。教会のメンバーはいつの日か銀河系に光が戻ってくると信じ、フォースのバランスを保つにはジェダイの存在が不可欠だと考えていた。新共和国時代、フォースの教会のメンバーは砂漠惑星ジャクーにあるトゥアナル村で禁欲的な生活を送っていた。エンドアの戦いの30後、トゥアナルはファースト・オーダーによる攻撃を受け、村人は皆殺しにされた。

概要

フォースの教会はジェダイ・オーダーの理想を尊ぶ地下信仰で、帝国時代から存在した。銀河帝国が超自然的なものを信奉することを禁じていたにも関わらず、フォースの教会は密かに信仰を続けていた。ジェダイクローン戦争終結時に滅びていたが、教会のメンバーはいつの日か銀河系にジェダイの光が戻ってくるだろうと信じていた。新共和国時代、彼らは砂漠惑星ジャクーケルヴィン峡谷にあるトゥアナル村で禁欲的な生活を送っていた。

歴史

銀河帝国がジェダイ・ナイトをほぼ全員粛清し、超自然的なものを崇拝および信仰することを禁止する法律を出した頃、フォースの教会は地下信仰として密かに活動を続けていた。教会のメンバーの1人、銀河探索者のロア・サン・テッカはクローン戦争以前のジェダイ・ナイトを知っており、彼らを裏切者と糾弾する帝国の嘘を信じていなかった。サン・テッカはジェダイに関する調査に長年を費やし、帝国が隠し通そうとしたジェダイの歴史の大部分を発掘した。のちに彼は最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーが行ったジェダイの秘密の探究に力を貸す。スカイウォーカーは新世代のジェダイが滅ぼされた後に姿を消したが、サン・テッカは彼の行き先の手掛かりとなる地図の断片を所有していた。フォースのバランスを保つにはジェダイの存在が不可欠だと考えていたサン・テッカは、エンドアの戦いから30年が過ぎた後、レジスタンスポー・ダメロンに地図を託す。その直後、トゥアナルの村人はファースト・オーダーストームトルーパーによって虐殺され、サン・テッカもカイロ・レンによって殺された。

登場エピソード

参考資料