FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

フォース感応者が使う能力の1つに、離れた場所に自分の姿を投影する技術があった。フォースによって映し出された幻影は周囲の環境と物理的に接触することができた。しかしその実態は単なる幻であるため、レーザーの集中砲撃を受けても全く無傷のままであったり、ライトセーバーの剣撃が体を素通りしたりと、普通ではありえない事柄を現実のように見せることができた。また、フォースの投影はありのままの自分を映し出すのではなく、外見を若返らせたり、自分にはない物を幻影に持たせることも可能だった。また、幻影は無形の存在でありながら他者と触れることができた。[1]

34 ABYジェダイ・マスタールーク・スカイウォーカー惑星オク=トーに居ながらにしてクレイトに幻影を出現させた。幻影はクレイトの戦いカイロ・レンライトセーバーの対決を繰り広げ、レジスタンスが逃げる時間を稼いだ。ルークはこの技を使ったことで疲弊し、戦いが終わった後に絶命してフォースとひとつになった。また、ルークの幻影はハン・ソロのダイスの複製をレイア・オーガナに与えた。レイアはこのダイスをクレイト前哨基地に置いたままにして去り、のちにレンがそれを見つけて手に取った際に消滅した。[1]

登場エピソード

脚注

他言語版