Fandom

Wookieepedia

フォース

9,031このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
トーク0 シェアする
正史版の内容を紹介しています。  レジェンズ版の内容はこちらをクリック。 
「惑星を破壊する力も、フォースが持つ力の比ではない」
ダース・ヴェイダー[出典]
Qui-Gon Force push.png

フォースを使うクワイ=ガン・ジン

フォース(The Force)は銀河系のあらゆる生命を繋ぐエネルギー場である。フォースの感応能力を持つ者はフォースの力を使うことが出来た。フォースの力は、細胞内に共生する微生物ミディ=クロリアンを通して引き出された。

概要

フォースは“生けるフォース”と“宇宙のフォース”という2つの要素から成っていた。あらゆる生き物が持つ生けるフォースのエネルギーは、宇宙のフォースの中へと流れ込んで全てを結びつけた。フォースのエネルギーはミディ=クロリアンを通して個々の存在に働きかけた。フォースを研究・使用する代表的な組織として、フォースのライトサイドを信奉するジェダイ・オーダーと、フォースのダークサイドを信奉するシスが挙げられる。フォース=センシティブ(フォースの感応能力を持つ者)は、一度に多くの生命が失われた時などにフォースの乱れを感じることがあった。

フォース使用者は、フォースによって多くの能力を使うことが出来た。例えば攻撃者の接近を感知したり、物体を押し飛ばしたり、他者の思考に影響を与えたり(マインド・トリック)、未来の予見フォースの霊体となって後にも意識を保つ術も可能となった。ダークサイドの使用者はフォースで相手の首を絞めたり、指先からライトニングを放つ技も使用した。ジェダイは若き訓練生たちに、フォースは防衛や説得、知恵、物質操作、優れた身体能力の発揮といった多くの用途に使用することが可能だと教えていた。

フォース感応能力を持たない人びとの中には、フォースの存在自体を疑う者もいた。ルーク・スカイウォーカーにフォースを信じているかと尋ねられた際、密輸業者ハン・ソロはこれまでにそんな力は一度も見たことが無いと答えた。銀河帝国将校にも、フォースの力を軽視する者がいた。コナン・アントニオ・モッティ提督は、シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーをフォースという“古代の宗教”を使う魔法使いと見なしていた。しかし、グランドモフウィルハフ・ターキンのようにクローン戦争でその力を目の当たりにした軍人たちは、フォースが真実であることを知っていた。銀河内戦当時、彼らはジェダイの全滅を信じ、ヴェイダーはフォースを使える唯一の生き残りだと考えていた。

フォースはあらゆる生物の中に存在していたが、その力を使うことが出来るのは特定の人物(フォース=センシティブ)だけだった。機械であるドロイドは、当然ながらフォースを感知することはできなかった。また、トイダリアンハットのように、フォースによる意思操作に対して耐性を持つ種族がいた。

歴史

ジェダイとシスの分裂の結果、フォースにはふたつの哲学が生まれた。ジェダイに象徴される防御と献身の姿勢はフォースのライトサイド、シスに象徴される暴力的かつ感情的な姿勢はフォースのダークサイドとみなされていた。

ジェダイとシスの関係は悪化し、それぞれ正しいと信じるフォース観を押し付けるため銀河系の支配権を巡る戦いが始まった。旧共和国の時代、ジェダイとシスはもう一方を滅ぼすために戦争を繰り返した。ふたつのオーダー間で行われた激しい戦いの中で、様々なフォースの利用法が発見され、やがて忘れ去られた。権力を獲得しジェダイを滅ぼすため、シスは強力な幻影を生みだす魔術と儀式の実験を行った。また、シスは惑星モラバンドの古代の建物でジェダイを生贄にする儀式を行っていた。シスはフォースの技を使ってシス・スネークといった怪物を創造した。このクリーチャーはクローン戦争の時代になってもモラバンドに棲息していた。

ジェダイとシスの戦争は何世紀も続き、戦場になった複数の惑星が荒廃した。古代シス卿の墓地、暗黒卿の谷があるモラバンドもやがて放棄された。魔術以外にも、シスは惑星全体を滅ぼせるほど強力なパワーを放つ超兵器を製造した。超兵器による破壊行為は、フォースの中に乱れを生じさせた。シスはこうした兵器の動力として巨大なカイバー・クリスタルを使った。ジェダイとシスが使う伝統的な武器ライトセーバーにもカイバー・クリスタルが使われていた。ジェダイはフォースの導きに従って自らのクリスタルを選んだ。当時の戦争では、クリスタルの産地確保が両軍にとって重要事項だった。

旧共和国の衰退期、シスの内紛によってダークサイドの使用者はほとんど全滅し、ジェダイが戦争に勝ち残った。新たに誕生した銀河共和国では、ジェダイ・オーダーが平和の守護者および助言者としての役割を果たした。彼らは銀河系の各地に散らばり、平和と繁栄の時代はおよそ1,000年続いた。

しかし、シスは戦争に敗北した後も密かに生き延びていた。唯一の生存者だったシス卿ダース・ベインは、貪欲や内部抗争がシス・オーダーを滅ぼしたのだと考え、シスの教えを存続させるための新しい掟を打ち立てた。彼は同時期に存在するシスの人数をふたり(師匠弟子)だけとする2人の掟を定めたのである。それ以降、シスは密かに復讐の機会を待ちながら力を集め続けた。やがてジェダイはベインが生きていたことを突き止めたが、彼が死んだ後は、今度こそシスは本当に全滅したと信じ込んだ。

登場作品

参考資料

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki