FANDOM


「フォカ・スート。レベル1331の長官だ。そこではこういう堕落した連中が大勢働いている」
ウィルハフ・ターキンに対し、マス・アミダ[出典]

フォカ・スート(Phoca Soot)は帝国時代の初期に惑星コルサントに住んでいたトワイレック男性。彼は帝国警察隊の長官で、レベル1331を任されていた。スートは収賄を咎められシス卿ダース・ヴェイダーに処刑された。

経歴

「スート長官のことが知りたいのですが」
「哀れなやつだ。担当セクターの犯罪抑止の任務を与えられながら、誘惑に負けてドロイド・ゴトラに雇われた」
―ウィルハフ・ターキンとダース・ヴェイダー[出典]

銀河帝国の誕生から5標準年が過ぎた当時、トワイレックのフォカ・スートは帝国の首都惑星であるコルサントに住んでいた。彼は帝国警察隊長官を務め、レベル1331の犯罪抑止の任務を与えられていた。しかしやがてスートは強欲になり、監督下のレベルに住む犯罪王たちから賄賂を受け取り始めた。クリモラ・シンジケートとつながりを持つドロイド・ゴトラも、スートが不法に取引していた犯罪組織のひとつだった。レベル1331における犯罪者たちの活動は、最終的にシス卿ダース・ヴェイダーの注意を引いた。[1]

バーチ・テラーの反乱が始まった頃、ヴェイダーはレベル1331の犯罪者たちとスート長官をインペリアル・パレスに呼び集めた。ヴェイダーは帝国保安局ハルス・アイソン副長官やスート長官を従え、犯罪者たちの前で演説をした。皇帝シーヴ・パルパティーンと面会するためパレスにやって来たモフウィルハフ・ターキンマス・アミダ大宰相もこの集会に居合わせた。ヴェイダーは犯罪者たちにコルサントから立ち退いてアウター・リム・テリトリーへ移動するよう勧告し、従わなければ帝国の刑務所で長期刑に服すことになるだろうと告げた。犯罪者たちへの見せしめにするため、ヴェイダーはその場でスートの反逆行為を暴き、フォースを使って処刑した。[1]

個性と特徴

「とある人物の最近の行動が、あからさまに皇帝陛下への不敬を示しているにもかかわらず、本人はそう自覚していないことが私の注意を引いた。その恥知らずな態度から、実際その者が自分の行動に誇りを持っていることがわかる。だが、その不誠実さは暴かれた。あれを見せしめとして罰することができるのは喜ばしい。残ったおまえたちは、その人物を犠牲にして助かるのだからな」
―ダース・ヴェイダー[出典]

スートはトワイレックの男性で、レックを生やしていた。スートはコルサントの一区画を担当する長官の地位にありながら、皇帝の不興を買う危険を冒して犯罪組織とコネクションを作った。スートを処刑する前、ヴェイダーは彼の態度を“恥知らず”と評した。[1]

脚注

他言語版