FANDOM


フェラス・オリン[1](Ferus Olin)は人間男性で、ジェダイ・マスターシーリ・タチジェダイ・パダワン。同年齢の生徒の中でも非常に成熟していると、多くのジェダイから評価されていたオリンは、そのジェダイ・オーダーへの献身の姿勢で尊敬を集めていた。規則を厳守する彼は、しばしばジェダイのルールやプロトコルを破りがちな仲間のパダワン見習い、アナキン・スカイウォーカーと対立していた。ふたりはそれぞれのマスター、タチとオビ=ワン・ケノービらとともに多くの任務を経験する。彼らはラドノアユーセロンアンダラタイファ=ドアローミンファリーン、そして最後にはコリバンへと赴く。こうした任務の目的の多くは、逃走した科学者かつ犯罪者、ジェンナ・ザン・アーバーを捕まえることだった。ジェダイたちは、ジェダイ・カウンシルのメンバーであるヤドルを殺害したグランタ・オメガが、ザン・アーバーとともに活動していることを突き止める。だが、ザン・アーバーは最後まで彼らの追跡をかわし続けた。

クローン戦争が始まるよりも前、ケノービは惑星コリバンの最後の戦いでオメガを殺害した。しかし、このコリバンにおいて、仲間のパダワンであるダラ・テル=タニスが不慮の死を遂げたことについての罪の意識を感じたオリンは、ジェダイ・オーダーを自ら去っていった。やがてオリンは惑星ベラッサローン・ランズと親交を結び、オリン/ランズ社を共に立ち上げ、ビジネスを開始する。オリンはベラッサを故郷として感じるほどこの惑星に愛着を持つようになる。オーダー66が遂行されたすぐあとに、オリンは新たに銀河系の覇権を握った銀河帝国に対する反乱組織をベラッサで立ち上げる。ジェダイの大粛清を生き残った数少ないジェダイであるオビ=ワン・ケノービと再会したオリンは、再び自らをジェダイとして再訓練し始める。オリンも逃亡中のジェダイのために、大気の嵐によって隠された小惑星帯に隠れ家を作り上げる。彼はまた共和国再建のための同盟の初期段階を形作ることになった。帝国からのジェダイの逃亡者を探しているあいだ、彼は皇帝パルパティーンからの接触を受け、彼に協力しつつも、二重スパイとして働き始めた。オリンは情報を集め、帝国を内側から崩そうとしたが、やがてダース・ヴェイダーが彼の障害となった。オリンのレジスタンス運動はベラッサから銀河へ、エイクリンコルサントナブーサマリアオルデランその他の惑星へと発展していった。この運動は、帝国が秘密の小惑星基地を破壊して初期段階の彼の反乱計画を妨害するまで続いた。その後、オリンはオルデランでレイア・オーガナ姫を見守るという、オビ=ワンから依頼された任務を引き受け、この惑星に長年住み着くことになった。

経歴

登場作品

参考資料

脚注

  1. カタカナ表記は『スター・ウォーズ 全史』に基づく。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。