FANDOM


フェマ・バーブ(Fema Baab)は人間女性で、銀河共和国末期の元老院議員である。最高議長シーヴ・パルパティーンの支持者の1人で、共和国グランド・アーミーの拡大に賛成していた。

経歴

人間女性、フェマ・バーブは共和国時代末期に銀河元老院議員を務めていた。クローン戦争当時、バーブは最高議長シーヴ・パルパティーンを強く支持し、主戦派の立場を取っていた。ミー・ディーチーアスク・アークモット=ノット・ラブハリー・バトーニといった他の右派議員たちと同じく、バーブは共和国グランド・アーミーの軍備拡大に賛成していた。[2] 19 BBYに発生したコルサントの戦いの後、バーブはオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーによって救出され、無事にコルサントに戻ってきた最高議長を他の議員たちと一緒に出迎えた。[1]

制作の舞台裏

フェマ・バーブは2005年の映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』に登場するキャラクターである。女優はオリーヴ・レヴィ

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版