FANDOM


この記事は反乱分子を扱っています。 あなたが探しているのはこの戦隊に属す戦闘機中隊かもしれません。
「君たちは我が艦隊にとって戦力的に大きなプラスとなった」
ヘラ・シンドゥーラに対し、ジュン・サトー[出典]

フェニックス戦隊(Phoenix Squadron)はヤヴィンの戦い以前に銀河帝国と戦っていた反乱分子の中で最大規模とされていた勢力である。フェニックス反乱分子(Phoenix rebel cel[1])としても知られた。コマンダージュン・サトーが指揮を執り、大規模な反乱ネットワークに所属していた。ペルタ級フリゲートフェニックス・ホーム>、5隻のCR90コルベットRZ-1 Aウイング・インターセプターから成るフェニックス中隊プロトタイプB6が艦隊を構成していた。ムスタファーケイナン・ジャラス救出した後、フェニックス艦隊はロザル反乱者たちと活動を共にするようになった。

ロザル包囲戦のさなか、フェニックス艦隊はシス卿ダース・ヴェイダーの乗るTIEアドバンストx1による攻撃を受け、司令船<フェニックス・ホーム>や複数のAウイングを失った。ヴェイダーとの戦いの後、フェニックス艦隊の生き残りは帝国軍から身を隠すことができる安全な基地の設置場所を捜索した。フェニックス戦隊は秘密基地を見つけられないままガレル宇宙港を一時的な避難所に選んだが、帝国軍に見つかって撤退を余儀なくされた。激しい戦いの後、フェニックス艦隊の大部分はハイパースペースへ逃げ去った。

特徴

フェニックス戦隊は“反乱軍”という総称で知られる反乱者の広域ネットワークに所属していた。フェニックス戦隊にはRZ-1 Aウイング・インターセプターによって構成されるフェニックス中隊や、少なくとも5隻のCR90コルベット司令船として使用されたペルタ級フリゲートフェニックス・ホーム>等が参加していた。<フェニックス・ホーム>がダース・ヴェイダーとの戦いで破壊された後、司令船は<リベレーター>に移された。ケイナン・ジャラス救出作戦以降、フェニックス戦隊はスペクターズ(6名から成る反乱分子で、改造型VCX-100軽貨物船ゴースト>で活動を行っていた)と行動を共にするようになった。コマンダージュン・サトー、元ジェダイパダワンアソーカ・タノ、名称不明のフェニックス中隊隊長、前隊長の戦死後に後継者に任命された<ゴースト>のヘラ・シンドゥーラ船長らがフェニックス戦隊を率いていた。

歴史

新しい仲間と脅威

Rebel fleet arrives at Mustafar

ムスタファー星系における戦闘

フェニックス戦隊はヤヴィンの戦いの数前に銀河帝国に対抗すべく結成された緩やかなネットワーク、“反乱軍”に属していた。フェニックス戦隊は極秘の協力者であるベイル・オーガナ元老院議員と接触をとっていた。ヤヴィンの戦いの4年前、フェニックス戦隊に属す3隻のCR90コルベットロザルの反乱者を率いるジェダイ・ケイナン・ジャラスの救出作戦に参加した。ムスタファー星系グランドモフウィルハフ・ターキンスター・デストロイヤーソヴリン>からジャラスを救出した反乱者たちは、フェニックス艦隊の援助で窮地を脱した。フェニックスのコルベットが追っ手のTIEファイターを数機破壊した後、反乱者たちは艦隊に合流し、共にハイパースペースへジャンプした。

大規模な反乱ネットワークの存在を知ったロザルの反乱者たちは、フェニックス艦隊と行動を共にすることになった。その後、艦隊と<ゴースト>は帝国からシールド発生装置を奪取するための作戦を遂行した。彼らは帝国の物資を奪い、敵の援軍が到着した直後にハイパースペースへ逃げ去ることに成功したが、奪った物の中に目当てのシールド発生装置は含まれていなかった。この任務の後、ロザルのマーケス・チュア大臣から亡命の手助けを求めるメッセージが反乱軍に届いた。コマンダー・サトーとタノの許可を得て、<ゴースト>のクルーは大臣を救出するため帝国軍艦隊包囲下にあるロザルに戻ることになった。しかしチュア大臣は帝国によって暗殺され、濡れ衣を着せられた反乱者たちはロザルから逃げ戻った。

<ゴースト>のクルーは帝国から盗んだシャトルでフェニックス艦隊と合流した。しかしこの船には追跡装置が仕掛けられており、艦隊の居場所がシス卿ダース・ヴェイダーに知られてしまった。ヴェイダーは自身の操縦するTIEアドバンスト1機だけで艦隊に攻撃を仕掛け、フェニックス中隊のRZ-1 Aウイング・インターセプターを数機撃墜した。旗艦<フェニックス・ホーム>も致命的な損傷を負い、コマンダー・サトーと乗組員は艦を捨てて脱出ポッドに乗り込んだ。カシウス・コンスタンチン提督スター・デストロイヤーがヴェイダーの援護に駆け付けたが、フェニックス艦隊は<ゴースト>が敵の注意を引いている間にハイパースペースにジャンプした。その直後、<ゴースト>もスター・デストロイヤーのトラクター・ビームを利用してヴェイダーの追跡を振り切り、逃げ去った。

反乱運動の展開

その後も多数の味方を失いながらも戦いを続けてきたフェニックス戦隊はスペクターズライロス上空で帝国軍から奪い去った空母を母艦にし、新たなる味方を加えてアトロンチョッパー基地に落ち着いた。テラロフへの救援任務ではAウィング6機とGR-75中型輸送船を失うものの、優れたパイロットであるウェッジ・アンティリーズホビーを獲得し着々と大きな目標のために力を蓄えていった。

アトロンの戦い

銀河帝国のスローン大提督の猛攻の前にはなす術もなく、アトロンの戦いでフェニックス艦隊の過半数が破壊され、司令官のサトーは戦死。チョッパー基地を守るためにAT-ATに立ち向かうも基地を放棄して逃走することになった。アトロンから脱出に成功した船は<ゴースト>、ハンマーヘッド・コルベットP1P3CR90コルベット1隻、ウェッジとホビーのAウイングと他数機だけだった。

訳語

テレビ・シリーズ『スター・ウォーズ 反乱者たち』では「Phoenix Squadron」が一括でフェニックス中隊と訳されているが、本サイトでは「反乱分子名」と「戦闘機部隊名」のSquadronをそれぞれ訳し分け、前者をフェニックス戦隊(本ページ)、後者をフェニックス中隊と翻訳している。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。