FANDOM


フェイズIクローン・トルーパー・アーマー(Phase I clone trooper armor)はクローン戦争の序盤に共和国グランド・アーミークローン・トルーパーが着用した標準的な装甲服である。戦争中、フェイズI型よりも人間の体格に適応したフェイズIIアーマーが導入された。

特徴

クローン・トルーパーのフェイズIアーマー(装甲服)はカミーノアンのアーマー職人によって製造された。20個のプラストイド合金製複合材のプレートによって構成され、マグナトミック・グリプション・パネルを介して体温調整ボディ・グラブにぴったりと密着していた。ボディスーツは加圧型で、宇宙真空空間において一時的に着用者を保護する機能もあった。カミーノアンの設計者は、クローン兵士の遺伝子提供者である賞金稼ぎジャンゴ・フェットが身に着けていたマンダロリアン・アーマーからインスピレーションを得てこの装甲服を開発した。特徴的なT字型のバイザーも、フェットのヘルメットに影響を受けていた。しかし、カミーノアンが人間工学を熟知していなかったため、フェーズIアーマーはしゃがみにくいという欠点があった。[1]

歴史

ジャンゴ・フェットの装甲服に影響を受けて設計されたフェイズIアーマーは、共和国グランド・アーミーのクローン兵士が着用した初期の標準装備だった。フェイズIアーマーを身につけたクローン兵士はジオノーシスの戦いを始めとするクローン戦争の戦闘に参加した。モン・カラの戦い以前、人間にとってより快適な着心地のフェイズIIクローン・トルーパー・アーマーが導入された。

表記

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではフェーズIと表記されている。

登場作品

参考資料

脚注

関連項目

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。