FANDOM


Atticon

正史へ移行されていないレジェンズの記事

この記事は正史版を作成する必要があります。

フィ=エック・サーチ(Fi-Ek Sirch)はカジェインサニクト男性で、銀河共和国の末期にジェダイ・オーダーに仕えたジェダイ・ナイト

経歴

幼少期にフォース=センシティブとしての素質を見いだされたフィ=エック・サーチは、フォース訓練を受けるため、惑星コルサントジェダイ・テンプルへと連れてこられた。テンプルのアカデミーで学んだサーチは、やがてオーダーに属すジェダイ・マスターパダワンに選ばれた。マスターに付き従って銀河系の各地を旅する中で、サーチは青いブレードのライトセーバーを制作し、使うようになった。ジェダイ・トライアルを達成したサーチは、ジェダイ最高評議会からジェダイ・ナイトとして認められた。

22 BBY、共和国と独立星系連合の間の分離主義危機が最高潮に達していた時期、ジェダイオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカー、そしてナブーパドメ・アミダラ元老院議員が惑星ジオノーシスで分離主義勢力に捕えられた。マスター・オブ・ジ・オーダーメイス・ウィンドゥ救出チームを招集した際、コルサントに居合わせたサーチもそれに加わった。即座に現地に赴いたサーチとジェダイのチームは、ペトラナキ・アリーナに突入してライトセーバーを起動し、集まっていたジオノージアンの観客たちを立ち去らせた。ジェダイは処刑アリーナで圧倒的な数のドロイド軍団を相手に戦うことになり、サーチはバトル・ドロイドの銃撃で命を落とした。

制作の舞台裏

フィ=エック・サーチは、映画『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』に登場した。ハスブロ社は「Nikto Jedi Knight(ニクトのジェダイ・ナイト)」という名でフィ=エック・サーチのアクション・フィギュアを発売した。

登場作品

参考資料

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki