FANDOM


Queicon

この記事のタイトルはあくまで仮の名称です。

正式名称が不明なため、記事名に仮のタイトルが充てられています。

フィーナ・ダスタのクローン(Clone of Feena D'Asta)は、本物のフィーナ・ダスタに代わって帝国ルーリング・サークルやその後の暫定評議会に潜入した。彼女は暫定評議会でサンデル・カリヴァスと対立し、逮捕される。彼女を実の娘と思い込んだバロンレイジズ・ダスタは、オード・カントレルでカリヴァスと戦った。本物のフィーナが死んだ後、バロン・ダスタは彼女を実の娘として迎えた。

経歴

本物のフィーナ・ダスタは、父親バロンレイジズ・ダスタ帝国ルーリング・カウンシルから退いた際、後継者として評議会メンバーになった。ルーリング・カウンシルに潜入しようとしていた犯罪シンジケート、ブラック・サンは、評議員の一部を誘拐してクローンの偽物と入れ替えた。フィーナ・ダスタも誘拐され、クローンのダスタが評議会に入り込んだ。

クローンのフィーナ・ダスタは、ルーリング・カウンシルでカノア・ジャックスの陰謀にかかわった。陰謀によってクローンの皇帝パルパティーン破滅させたジャックスは、暫定評議会が統治するクリムゾン・エンパイアを形成する。ダスタのクローンは、評議会で新共和国との戦争を終結させるべきだと発言した。バー・ノライズ評議員暗殺の容疑をかけられたダスタのクローンは、評議会メンバーのサンデル・カリヴァス不信任案を提出したが、反逆罪で逮捕される結果に終わった。

彼女を実の娘だと思い込んでいるバロン・ダスタは、オード・カントレル戦いでカリヴァスを攻撃し、彼女を解放させた。しかしそこに、キア・ケイノスマイリス・シンとともに解放された本物のフィーナが現れた。この戦いはカリヴァスのによって終わり、バロンは帝国からダスタン宙域を撤退させた。その後、本物のフィーナ・ダスタが死んだ後、バロンはクローンのダスタを実の娘として養子に迎えた。

制作の舞台裏

フィーナ・ダスタのクローンは、マイク・リチャードソンランディ・ストラドリーによるコミック・ブック・シリーズ、『Crimson Empire II』で初登場を果たしたキャラクターである。

登場作品

Wiki-shrinkable
ウーキーペディアにはフィーナ・ダスタ(クローン)に関する3枚の画像があります。
  • Crimson Empire II: Council of Blood 1 (初登場)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 2
  • Crimson Empire II: Council of Blood 3
  • Crimson Empire II: Council of Blood 4 (言及のみ)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 5 (言及のみ)
  • Crimson Empire II: Council of Blood 6
  • Crimson Empire III: Empire Lost 6


帝国暫定評議会のメンバー
イモーデット · カノア・ジャックス · クールータ=ファイフ ·
サンデル・カリヴァス · ジェラタイ · タン・スターパイア · チアンク · ノリム・キム
バー・ノライズ · フィーナ・ダスタのクローン · マード・ウィンドコーラー
マノス · レッド・ウェッセル · ロン・バンジーア
[edit]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki