FANDOM


「一方フィンダーは、大戦中に分離主義者に攻撃されたため、現在は静止軌道上の巨大タンカーの面倒をみられる程度です。わずか二十年前は犯罪カルテルの所有物で、現在は下請け業者が帝国スターシップの燃料やサービス提供施設として運営しています」
モフウィルハフ・ターキン[出典]

フィンダー(Phindar)は銀河系アウター・リム・テリトリーマンダロア宙域フィンダー星系に属した惑星である。フィンディアン種族ホームワールドだった。衛星を少なくとも1つ持っていた。

歴史

クローン戦争中、フィンダーは独立星系連合による攻撃を受けた。大戦終結後、フィンダーは銀河帝国の支配下に置かれ、かつては犯罪カルテルによって運営されていた軌道上の巨大タンカーが帝国の宇宙船の燃料補給及びサービス提供施設として使用されるようになった。帝国誕生から5後、シス卿ダース・ヴェイダーモフウィルハフ・ターキンはフィンダーでバーチ・テラー反乱分子待ち伏せした。また、フィンダーは銀河内戦の戦場にもなった。

参考資料

脚注

他言語版