FANDOM


Tab-canon-white-ja  Tab-legends-black-ja 
「わたくしに言わせていただけるなら、議長に実権などございません。根拠のない汚職の容疑で告発され、威信は地に落ちております。実権を握っているのは官僚です」
―アミダラ女王に対し、パルパティーン議員[出典]

フィニス・ヴァローラム(Finis Valorum)は惑星コルサント出身の人間男性で、銀河共和国政治家。彼は名門ヴァローラム家に生まれ、共和国の衰退期に銀河元老院最高議長を務めた。ヴァローラムの時代、元老院は汚職と官僚主義に蝕まれ、最高議長の手に負えないところまで堕落しきっていた。

ヤヴィンの戦いの32前、ヴァローラムはトレード・フェデレーションによるナブー侵略事件を解決しようとしたが、有効な手立てを講じることができなかった。ナブーのパドメ・アミダラ女王は最高議長の対応に不満を持ち、不信任案を提出した。ヴァローラムが失脚した後、ナブー代表のシーヴ・パルパティーン元老院議員が新議長に選ばれたが、彼の正体は銀河帝国の創設を目論むシスの暗黒卿ダース・シディアスだった。パルパティーンはナブー危機を画策した黒幕で、この事件を利用してヴァローラムを議長の座から蹴落としたのである。

議長の座を失ってから10年が過ぎ、共和国と独立星系連合の間にクローン戦争が繰り広げられていた頃、ヴァローラムはジェダイ・オーダーの調査活動に力を貸した。ジェダイはマスターサイフォ=ディアスの死にまつわる真相を知りたがっていた。議長だった頃、ヴァローラムはパイク・シンジケートと呼ばれるスパイス商人の紛争を解決すべくサイフォ=ディアスに調停を依頼したことがあり、当時の出来事をグランド・マスターヨーダに説明した。その後の調査で、ジェダイはサイフォ=ディアスがクローン軍団を発注した後にシスの陰謀に巻き込まれ、パイク・シンジケートに暗殺されていたことを突き止めた。パルパティーンによって銀河帝国が創設された後も、コルサント市民の中にはヴァローラムの時代を懐かしむ人びとがいた。

登場作品

参考資料

脚注

他の言語

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。