FANDOM


ファースト・オーダー全地形対応装甲トランスポート(First Order All Terrain Armored Transport)、AT-ATクワット=エントラーラ・ドライブ・ヤード社が製造したファースト・オーダーウォーカー兵器である。旧銀河帝国が使用したAT-ATウォーカーと同じく、ファースト・オーダーのAT-ATも地上軍の戦力を構成する強襲ビークルであると同時に、敵を精神的に圧倒する心理兵器としての役割を果たした。

特徴

First Order Walkers

クレイトに配備されたAT-M6とAT-AT

ファースト・オーダー全地形対応装甲トランスポート(AT-AT)はクワット=エントラーラ・ドライブ・ヤード社が製造した戦闘用ウォーカーである。全高は22.03メートル、全長24メートル、横幅10.19メートル。パイロット1名と砲手1名、ビークル・コマンダー1名の計3名によって運用され、40名まで乗客を運ぶことができた。頭部のコックピット、顎部の重レーザー砲、4本の脚に支えられた胴部の兵員用区画など、全体的な構造は旧銀河帝国AT-ATウォーカーと似ていた。しかし装甲シェルの中には近代的なテクノロジーが詰まっており、照準センサーの性能や兵器再充填速度が向上していた。またシェル自体も軽量化された素材による複層構造になっており、帝国時代アーマーより軽くて丈夫だった。[1]

ファースト・オーダーAT-ATは複層化された胴体のアーマーに加え、膝のジョイント・アセンブリにも装甲カバーが付属し[1]、コックピットの装甲も強化されていた。[3] コックピットへのアクセス・ランプは頭部の下面に配置され、通常時は機内に収容されていた。AT-ATのつまさきは障害物を押しのけるために強化されており、地形センサーが内蔵されたフットパッドは[1] 機体の重量を分散させる役割も果たしていた。[3]

歴史

クローン戦争の時代に由来を持つ[3] AT-ATウォーカーは旧帝国地上軍の戦力を構成した戦力の1つで、地上用強襲ビークルとしてだけでなく、敵を怯えさせる心理兵器として効力を発揮した。ファースト・オーダーは帝国が編み出したこの効率的方式に変化を加える必要はほとんど無いと判断し、帝国の伝統的手法に基づいて新型のAT-ATを配備した。[1]

34 ABY、ファースト・オーダーAT-ATは全地形対応メガキャリバー6と並んでクレイトの戦いに参加した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

全地形対応ビークル
銀河共和国 AT-AP - AT-TE - AT-RT - AT-OT
銀河帝国 AT-ACT - AT-AT (初期型 - エリート) - AT-DP - AT-DT - AT-MP (Mk III) - AT-ST (Mk III) - AT-PT
ファースト・オーダー AT-AT - AT-HH - AT-HS - AT-MA - AT-M6 - AT-PD - AT-ST
[テンプレート]
ファースト・オーダー
主な人物 最高指導者スノーク - カイロ・レン - アーミテイジ・ハックス将軍 - キャプテンファズマ
組織 最高司令部 - ファースト・オーダー保安局 - エリート・プレトリアン・ガード - レン騎士団
軍隊 宇宙軍ファースト・オーダーTIEファイター・パイロット - スターキラー空中防衛部隊 - カイロ・レンの中隊
地上軍ストームトルーパースノートルーパー - フレイムトルーパー - 暴動鎮圧ストームトルーパー - メガブラスター重アサルト・トルーパー - ファースト・オーダー・ストームトルーパー・エクセキューショナー
主な乗り物 AAL - AT-AT - AT-ST - AT-M6 - AT-MA - AT-PD - LIUV - TIE/fo - TIE/sf - TIE/vn - マンデイターIV級シージ・ドレッドノート - メガ級スター・ドレッドノート - ユプシロン級コマンド・シャトル - リサージェント級スター・デストロイヤー
関連項目 スターキラー基地 - リザレクション計画 - 冷戦 - ファースト・オーダー=レジスタンス戦争
[テンプレート]