FANDOM


ファリーン(Falleen)は同名惑星出身のヒューマノイド知覚種族緑色の肌で、頭部と脊椎が隆起していた。犯罪組織ブラック・サンはファリーンの貴族たちによって率いられていた。

生態と特徴

ファリーンは緑の肌のヒューマノイド知覚種族である。彼らはフェロモンを発散する能力で知られ、頭部や脊椎が隆起していた。ファリーンは後頭部に黒い髪を生やし、髪飾りで束ねている者が多かった。

歴史

銀河共和国時代の末期、ファリーンの貴族たちがブラック・サンと呼ばれる大規模な犯罪シンジケートを支配していた。クローン戦争中、シス卿ダース・モールサヴァージ・オプレスが惑星ムスタファーにあるブラック・サンの要塞を訪れ、ゾミット・グランセイトたちファリーンの幹部を皆殺しにした。シス卿の力を目の当たりにした副官ジットン・モジは、ブラック・サンの新指導者としてダース・モールの犯罪帝国“シャドウ・コレクティヴ”に忠誠を誓った。その後、ブラック・サンに所属するファリーンたちはマンダロアオード・マンテルでコレクティヴのために戦ったが、モールが権力を失った際に犯罪帝国の活動から手を引いた。

帝国時代、数名のファリーンがマダール奴隷帝国に仕えていた。彼らはブラスターエレクトロ=ウィップで武装し、惑星オーンにある強制収容所で奴隷の監督者を務めた。

制作の舞台裏

スター・ウォーズ ギャラクティック アトラス』ではフォリーンと誤植されている箇所がある。

登場エピソード

参考資料

他言語版