FANDOM


ファランパセット(Falumpaset)は惑星ナブー湿地オンダロンジャングルに生息した4本足のクリーチャーである。グンガンはこの獣を飼いならし、戦場でバトル・ワゴンを運搬させていた。

生態と特徴

惑星ナブーオンダロンに生息するファランパセットは4足歩行のクリーチャーで、全高は3メートルだった。ファランパセットは頑固な性格だが力強い動物だった。[4] 彼らの脚は竹馬のように細かったが、おかげで機敏に方向転換することができ、重火器運搬用のクリーチャーとして理想的な存在だった。ファランパセットはナブーの湿地の中で最も怒りっぽい動物として知られ、その鳴き声のこだまは100キロメートル先まで届いた。[1]

歴史

ファランパセットはナブーやオンダロンに生息したが、どちらが母星なのか、はっきりしたことは分かっていなかった。銀河系の生物学者たちは遠い昔にナブーの商人がオンダロンにファランパセットやファンバをもたらしたのではないかと推測していたが、それを裏付けるような化石の証拠はほとんど残されていない。[1]

惑星ナブーのグンガンはファランパセットを飼いならし、荷役運搬や騎乗用に使っていた。[2] グンガン・グランド・アーミーはファランパセットやファンバ、カドゥを幼い頃から飼育し、忠実な恐れ知らずの獣に育て上げた。グンガンの戦士と獣の間には極めて強い絆があった。[1] トレード・フェデレーションによる侵略事件が起きた時、グンガンのファランパセットはバトル・ワゴンを大草原の戦場へ運んだ。ナブーの戦いが終わった後、グンガンのボスルーガー・ナスはファランパセットに乗って首都シードの祝勝パレードに参加した。[2]

登場エピソード

参考資料

脚注

他言語版