FANDOM


<ファイナライザー>(Finalizer)はエンドアの戦いの約30後にファースト・オーダーが使用していたリサージェント級スター・デストロイヤーである。アーミテイジ・ハックス将軍カイロ・レン旗艦だった。

特徴

ファースト・オーダーが使用したくさび型のリサージェント級スター・デストロイヤーは、旧銀河帝国が使用したスター・デストロイヤーのほぼ2倍の全長を誇った。未知領域で収集されたカイバー・クリスタルを利用していた<ファイナライザー>のターボレーザーは、帝国時代のものより強力で再充填時間も短かった。また、<ファイナライザー>はスターファイターの2個大隊と100隻の攻撃艇を積載し、ストームトルーパー1個軍団を収容することができた。[1]

歴史

<ファイナライザー>は新共和国との協定に反して建造されたリサージェント級スター・デストロイヤーの最初の1隻だった。[1]

制作の舞台裏

<ファイナライザー>は2015年4月16日に公開された『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の第2ティーザー・トレーラーに登場したが、その時はまだ無名のスター・デストロイヤーに過ぎなかった。艦名は9月4日StarWars.comDatabankで明らかにされた。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。