FANDOM


ファイアスプレー31級哨戒攻撃艇(Firespray-31-class patrol and attack craft)、別名ファイアスプレー級インターセプター(Firespray-class interceptor)はクワット・システムズ・エンジニアリング社が製造したパトロール用宇宙船である。賞金稼ぎジャンゴ・フェットボバ・フェットが所有した<スレーヴI>で有名。

特徴

クワット・システムズ・エンジニアリング社が製造したファイアスプレー31級哨戒攻撃艇は、古風かつ非常に希少なスターシップだった。追跡船として設計されたこの宇宙船は、着陸時には巨大なエンジン部分を下に向け、飛行時には90度回転してエンジンが船尾となった。[1]

歴史

ファイアスプレー31級哨戒攻撃艇は刑務所惑星オーヴォIVを監視するために開発された。銀河共和国時代、悪名高い賞金稼ぎジャンゴ・フェットがこの宇宙船を1隻手に入れ、改造を施した。[3]スレーヴI>と名付けられたジャンゴのファイアスプレー級攻撃艇には、ツイン・ブラスター砲、実体弾発射装置、サイズミック・チャージ発射装置、トラクター・ビーム発生装置、プロトン魚雷発射管、震盪ミサイル発射管、イオン砲など、さまざまな武器が搭載されていた。[1]

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。