FANDOM


ピストエカ破壊工作ドロイド(Pistoeka sabotage droid)、通称バズ・ドロイド(Buzz droid)はコリコイド・クリエーション・ネスト社が製造した破壊工作ドロイドである。敵の宇宙船を分解する目的で設計され、クローン戦争中に独立星系連合が使用した。

特徴

コリコイド・クリエーション・ネスト社製のピストエカ破壊工作ドロイド(通称バズ・ドロイド)は球状の緩衝外殻に包まれた宇宙船破壊用ドロイドだった。ヴァルチャー・ドロイドドロイド・トライ=ファイターは最大7体のバズ・ドロイドを積み込んだディスコード・ミサイルを敵船に向けて発射した。バズ・ドロイドは軌道修正用エンジンで敵の防御をすり抜け、標的に近づいて外殻を展開した。その後、ドロイドはメカニカル・アームや切削工具で敵の船やドロイドを分解した。[1] バズ・ドロイドを船から追い払うのは困難だったが、ボディ中央部にある赤いメイン・カメラが弱点だった。[2]

歴史

クローン戦争中、独立星系連合がこの破壊工作ドロイドを使用した。コルサントの戦いのさなか、複数のバズ・ドロイドがアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービイータ2アクティス級軽インターセプターに群がった。スカイウォーカーはケノービの船体に体当たりしてバズ・ドロイドを押しつぶし、アストロメク・ドロイドR2-D2が最後に残った1体を電撃で攻撃し、追い払った。

表記

アルティメット・スター・ウォーズ 完全保存版大百科』ではピストウカ・サボタージュ・ドロイドと表記されている。

登場作品

参考資料

脚注

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。